記念日その2

こんばんわ『坊主(ボウズ)』です!!

前回は、「サウナ健康の日」の記念日をご紹介しまいしたが
今回は、また別の記念日をご紹介します。

今日、3月7日の記念日は
「メンチカツの日」です。

この記念日は、株式会社「味のちぬや」さんによって制定されました。

なぜ、3月7日なのかというと
関西地方ではメンチカツのことを「ミンチカツ」と呼ぶことが多いそうです。
これも前回の「サウナ健康の日」と同様
「3(み)と7(しち)」の語呂合わせからきています。
また、受験シーズン真っ只中の受験生に縁起が良くて、『メンチ「カツ」』
受験に「勝つ」!!という応援の意味を込めて、制定されたそうです。

なぜ、関東地方と関西地方で呼び方が違うのかというと昭和初期兵庫県神戸市湊川町(みなとがわちょう)
「純神戸肉三ツ輪屋精肉店」さんの二代目の方が、東京の洋食店の「メンチボール」(ミートボール)をヒントに考案されて
「ミンチカツ」と命名し販売されたのが始まりとされているそうです。

この「純神戸肉三ツ輪屋精肉店」さんは現在、「三ツ輪屋総本店」さんとして営業されています。
純神戸肉三ツ輪屋精肉店は明治34年に創業

「メンチカツ」の歴史は、明治時代から。
明治時代に東京都の洋食店が「ミンスミートカツレツ」として販売したのが起源とされています。

メンチカツ発祥の洋食店は現在でも東京都銀座で営業されています。
お店の名前は「煉瓦亭(れんがてい)」さんです。
今のオーナーさんで四代目だそうです。

「煉瓦亭」さんは1895年明治28年創業の老舗洋食店です。
このお店は、「メンチカツ」の発祥だけではなく
「オムライス」「トンカツ(当時はカツレツ)」なども発祥のお店といわれています。

しかも、現在ファミレスなどで提供されている「お皿の上にライス」という工夫もこのお店が発祥だそうです。

めちゃめちゃ凄いですね!!
1つのお店からこれだけ色々なことが生まれているんですね!!

オーナーさんたちが色々と工夫されて、努力した結果なんですね。

普段、自分たちが何気なく食べている「メンチカツ」。
メンチカツだけでも、これだけの歴史が詰まっているのは、正直、ビックリしました!!

色々な料理の発祥を調べていくのは、かなり面白いですし、おススメです!!

今日の夜ご飯は、「メンチカツ」で決まりですね!!

今回も「記念日」についてご紹介しました。

まだまだ、紹介しきれなのですが、長くなりそうなので今日はこの辺で!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)