ラーメン

こんばんわ『坊主(ボウズ)』です!!

皆さんは『ラーメン』は好きですか?
自分はラーメン大好きです。
ラーメン屋さんにもよく行きますし、コンビニやスーパーでもカップラーメンを買って食べています。
今、自分がハマっているのは「もちもちの木」というラーメンです。

このらカップラーメンは、「東京都」「埼玉県」「千葉県」「群馬県(一部)」「福島県(一部)」のセブンイレブンのみで売っている中華そばのカップラーメンです。

この中華そばは、鶏ガラ豚骨野菜を加えたスープと、カツオ節をメインにサバ節アジ節煮干昆布でとる和風のダシです。

なぜ、今回「カップラーメン」を取り上げたかというと、『カップラーメンは何ぜ作られたのか?』と思ったからです。

まず、即席麺(インスタントラーメン)を開発したのは、日清食品創業者で台湾出身の「安藤百福(あんどうももふく)」さんです。
最初に作られた即席麺は皆さんも一度は食べたことのある「チキンラーメン」です。

この時の「チキンラーメン」は、まだカップに入っているタイプではなく現在も売られている「袋麺」でした。

このチキンラーメンがなぜカップラーメンになった経緯はというと

欧米に即席ラーメンのセールスに行った際に、ラーメン用どんぶりが無かったため、紙コップにチキンラーメンを割り入れて、お湯を注ぎフォークで試食している姿からの発想だったとされています。

この発想をもとに、日本初となるカップラーメンの『カップヌードル』1971年9月18日に発売されます。

しかし、「カップヌードル」が発売されても今現在のように、多く食べられていたわけではありません。

カップヌードルが多く知れ渡ったのは、1972年2月19日から2月28日にかけて起きた「あさま山荘事件」をきっかけに普及していきました。

この事件はテレビで生中継され、民放、NHKを合わせて、『89.7%』という驚異的な視聴率を記録しました。
これは全国民のほとんどの人がテレビを見ていたことになります。

この事件の際に、機動隊員が寒さの中でこの「カップヌードル」を食べている姿がテレビにたびたび放映されたため、カップ麺が全国に知られて普及していったそうです。

現在でも、多くの即席麺が食べられていますが、その年間消費量「41.9食」に上ります。
これは、1ヶ月に3回から4回は食べている計算になるそうです。

今は、家系ラーメンなどが流行っています。
有名なのは『ラーメン二郎』
この「ラーメン二郎のカップ麺ができたらなぁ」と最近よく思います。

それでは今回はこの辺で!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)