おつまみ

こんばんわ『坊主(ボウズ)』です。

昨日は、自宅でゆっくり晩酌を楽しんでいました。
自分は、あまり平日にお酒は飲まないのですが、昨日は仕事が速く片付いたのでコンビニで『ポテトチップス』を買って、「おつまみ」としてお酒を飲んでいました。

コンビニでは、様々な種類のお菓子が販売されていますが、やはりお酒のお供になるとポテトチップスを買ってしまいます。

さて、この『ポテトチップス』という食べ物の発祥はアメリカで発明されたそうです。

ポテトチップスの歴史は
アメリカ合衆国ニューヨーク州サラトガスプリングにある「Moon Lake Lodge」というレストランで発明されたそうです。
ポテトチップスの発祥は様々な説がありますが、このレストランでの発祥が有力だそうです。

1853年8月24日にMoon Lake Lodgeとのシェフ「ジョージ・クラム(George Crum)」によって発明されました。

ある日、ジョージ・クラムの客がフライドポテトを注文したところ「フライドポテトが厚すぎる」という苦情がありました。
ジョージ・クラムは、この苦情を受けて客の注文通りに作り、提供しました。
しかし、客の苦情は収まらず、何度も何度も作り直されたそうです。

うんざりしたジョージ・クラムはこの客を困らせてやろうと思い、フォークで刺せないような「薄切り」にし「カリカリに揚げ」て提供しました。
しかし、客は困るどころか逆に大喜びしたそうです。

この客は一説によると、アメリカの大富豪の『コーネリアス・ヴァンダービルド』だそうです。
ヴァンダービルドは海運業鉄道業で財を成した実業家で、アメリカ史上最も裕福な人物の一人です。

客を困らせようとしたこの料理は、『サラトガ・チップス(Saratoga Chips)』という名前でレストランのメユーに登場したそうです。
この時のポテトチップスは、料理の付け合わせなどの食事の一部として提供されるものでした。

今現在、販売されているような袋入りの鮮度を保ったポテトチップスは1920年代製造されたそうです。

こうした理由により『ポテトチップス』が発明、販売されて、現在でも多くの人々に食べられています。

今では、ポテトチップスの製法も「揚げる」だけではなく、オーブンなどで「乾燥し焼き上げる」ことにより、大幅にカロリーカットできる製法もあります。

また、じゃがいも以外の野菜果物などの「チップス」が発売されています。

今回はポテトチップスについてのお話でした。

では今回はこの辺で!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)