【きまぐれクック】最悪な海鮮丼の店どこ?店名特定は?

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、料理系YouTuberの「きまぐれクック」(かねこ)を取り上げます。

2021年4月26日、「きまぐれクック」が「最悪の海鮮丼」について言及し世間の注目を集めています。

この話題を受けて、ネット上では店名を特定しようとする動きが活発化しています。

一体、「最悪の海鮮丼」を提供した店はどこなのでしょうか?

「きまぐれクック」が「最悪の海鮮丼」に愚痴

「最悪の海鮮丼」について「リアルサウンド」は次のように報じています。

自身の結婚記念日を迎えたかねこは、
妻と2人で海沿いの観光地へ出かけたとのこと。

そこで昼食時に、
外にいけすがある大きめの海鮮屋を見かけたため、
入店することにした。

「外食時にはお寿司、海鮮丼、刺身定食しか食べない」

というかねこが注文したのは、
1980円の「いちおし豪華海鮮丼」なるメニュー。

メニュー表の写真に、
かねこ好みの海鮮丼の写真が載っていたことが決め手となったのが、
実際に出てきたのは、期待外れなシロモノだった。

かねこは

「これが1980円って結構ヤバくて。
何がヤバいか1個ずつ説明していくと…」

と言い、
問題のどんぶりのネタを一つひとつ解説していった。

たとえば、
マグロについては

「冷凍のキハダマグロを1日、2日しっかり処理しないとこういう色になる。

海鮮丼はマグロが命なのに、
この(身の)小ささでこのクオリティはかなり残念」

と述べ、
サーモンを「冷凍のチリ産のトラウトサーモン」と看破したうえで、

「ある程度美味しいけど、
この値段の海鮮丼にこのペラペラ2切れはない」

とダメ出しした。

(2021年4月30日配信)

上記の通り、「最悪の海鮮丼」は値段に見合わないクオリティーだったのです。

一体、「きまぐれクック」に「最悪の海鮮丼」と言わしめた海鮮屋とはどこなのでしょうか?

世間の反応

確かに観光地では酷いのは多いけど。

海に近いからと言って、
新鮮なのが出てくるとは限らないけど。

でも500円くらいの原料費(原価で1000円くらい?)で、

「自分なら1980円の海鮮丼、こう作る」

ってやって欲しかったかな。

観光地では、新鮮な地のものを安く食べたい。

こんな期待で足を向ける。

しかし、いざ出て来るものはいくら、うに、サーモン、マグロ。

挙げ句の果てに都会より高い。

こんな店が増え過ぎましたね。

気持ちはわかるが
どうせなら2000円を下回る費用である程度豪華な海鮮丼を作って欲しかったな。

30000円もかけると出来上がったものが
すごいのかよくわからない。

「最悪の海鮮丼」を提供した店はどこ?店名の特定は?

「きまぐれクック」本人は「最悪の海鮮丼」を提供した店については名前を公表していません。

ただ、海鮮丼の画像はアップしていたことから、ネット上では特栽作業が開始されています。

現在、ネット上では様々な憶測が飛び交っており、「鳥羽」という情報が確認されました。

しかし、「鳥羽」という情報だけでは、これが「店名」なのか「地名(場所)」なのか判断がつきません。

明確な店名こそ特定されていませんが、ネットユーザーの中には店に心当たりのある人間がいるようです。

問題の店について情報をお持ちの方はコメント欄よりお知らせ下さい。

スポンサーリンク