【みのもんた】ケンミンショーで居眠り?寝てる画像あり

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、タレントの「みの もんた」さんを取り上げます。

2020年春に「ケンミンショー」を降板した彼ですが、放送当時から「寝てる」という疑惑が相次いで指摘されていました。

しかし、その原因はパーキンソン病だったのです。

一体、居眠り疑惑の真相とは何だったのでしょうか?

「みの もんた」の居眠り疑惑の真相はパーキンソン病↓画像あり

「みの」さんの居眠り疑惑について「東スポWeb」は次のように報じています。

また昨年(2020年)春にバラエティー番組「秘密のケンミンSHOW」(日本テレビ系)を降板した騒動では、
初期パーキンソン病だったと明かしたが、

「まぶたが落ちる症状が出ていた。

『ケンミンSHOW』の収録中に『寝てる』と言われたけど、
その症状だった。

今はいい薬があるから随分と体調が良くなった」

と回復しているという。

(2021年1月22日配信)

上記の通り、ケンミンショーに出演した当時は、パーキンソン病による瞼が落ちる症状に見舞われていたのです。

しかし、当時はパーキンソン病に罹患していることを公表していなかったため、視聴者からは「居眠り」や「寝てる」という批判が殺到していたというわけです。

実際の画像がこちらです。

※「https://feizeus.com/minomonntahosare/」より引用

確かに、この画像を見る限りでは「居眠り」や「寝てる」と誤解されても仕方がないでしょう。

世間の反応

あまりミノさんは尊敬できないけど、
私自身ちょっとした神経系の持病があり、
まぶたが上がらない時は周囲から「寝てる」と指摘され事があります。

にも関わらず

「ミノさん寝てるよ。もう引退すりゃ良いのに…」

と思ってしまった。

のちにパーキンソンと知り、
あまり人の事を悪く言うもんじゃないな…と思いました。

老人が夜遅くにステーキ食べてお酒飲んで、仕事中居眠り。

で高い出演料がっぽり。

引退は正しい判断です。

もうTVでどんな講釈言われても、
ステーキ食べたよねで終わりますから。

ご自宅でおとなしく療養生活お送りください。

お大事に。

いまさらどっちでもいいけど、
病気の症状で寝てるように見えた時もあるだろうが、
本当に寝てた時もあるだろう。

本当に寝てたからって、
別にこちとらどっちでも良いわけで。

本当に寝てる画像あり

ケンミンショーでの居眠り疑惑は、「パーキンソン病によって瞼が落ちていた」というのが真相です。

ただ、過去の番組出演時には「本当に寝ている」と思われる姿が確認されています。

収録を目撃した人物のツイートがこちらです。

この画像では頭の角度も下がっているため、パーキンソン病とは関係なく”本当に”寝ていると思われます。

事実、有吉弘行さん及びマツコ・デラックスさんは「みの」さんが本当に寝ていることを暴露しています。

その後、
有吉がかつて広島出身者として『ケンミンSHOW』に出演した時のエピソードとして

「本当にみのさん寝ているんだとかね。感動したことある」

と、みのの収録中における居眠りを暴露。

マツコが

「そうなのよ、あの人、本当に寝るのよ」

と、その事実を認めると、
有吉は収録中にVTRが終わりそうになると、
アシスタントの久本雅美(57)がみのの肩を叩いて起こしていることも明かしていた。

※「https://taishu.jp/articles/-/49623?page=1」より引用

上記の通り、「みの」さんはケンミンショーに出演した際にも本当に寝ていました。

確かに、パーキンソン病で瞼が落ちてしまい寝ているように”見えて”しまったこともあったでしょう。

しかし、共演者が「本当に寝てる」と暴露していることから、視聴者の指摘は事実の部分もあると思われます。

スポンサーリンク