【カメラ小僧T】8人目のチェッカーズは誰?名前は?

時事

こんにちは。坊主です。

2020年2月1日、「NEWSポストセブン」にて”8人目のチェッカーズ”の話題が取り上げられ世間の注目を集めています。

同誌によると、この8人目のチェッカーズは”ある事件”をきっかけに”脱退”させられたと言います。

一体、このメンバーは誰なのでしょうか?

また、この人物は何をしたのでしょうか?

8人目のチェッカーズが転売事件で脱退

脱退させられた8人目のチェッカーズについてNEWSポストセブンは次のように報じています。

「チェッカーズが1983年にデビューした当時からずっと彼らを追いかけていたTという熱心なカメコ男性(※カメラ小僧)がいました。」

彼は人懐っこい人柄も幸いしてか
メンバーにも気に入られて、
移動中やプライベートショットを公認で撮らせてもらっていた。」

「メンバーから

“お前は8人目のチェッカーズだ”

と言われるほどでしたが、
Tはそんなメンバーを裏切ってしまった」
 
追っかけの資金作りのため、
写真を他のファンに売ってしまったのだ。

「ある時、
空港の到着ロビーで出待ちをしていたTを見つけたフミヤが

“写真、売っただろ!”

と怒ったそうなんです。」

「しかも翌日に出演した『笑っていいとも!』のテレフォンショッキングで、
タモリに

『弟分みたいに可愛がっていたカメラ小僧に、
変な写真を売られちゃったんです』

と言ったんですよ。

その時の言葉こそ、
普及のきっかけだったのです」

そうして8人目のチェッカーズは“脱退”させられたという。

(2020年2月1日配信)

上記の通り、8人目のチェッカーズとはカメラ小僧の男性だったのです。

この男性はメンバー公認の存在で、プライベート写真の撮影が許可されているほどの人物でした。

現在、アイドルやタレントに自分の存在が知られることを「認知される」と言いますが、彼の場合はそれ以上の待遇です。

「ファン以上メンバー未満」の地位にまで上り詰めた男性ファンでしたが、撮影したメンバーの写真を他人に売りさばいたことが発覚して”脱退”になったというわけです。

世間の反応

そうして8人目のチェッカーズは“脱退”させられたという。

この「という」という文末。

たとえくだらない記事だとしても、
いかにも私の責任で書いてたわけではありませんみたいな書き方。

この方何かの物書きの方なの?

何をテーマにしたかったのか全くわからない。

ここまで書くなら
そいつの今はどうなってるとか、
真相を明かさないと
くだらん記事のままで終わってしまう。

カメラ小僧なんて言葉はそれよりずっと以前からあったよ。

自分が初めて目にしたのは
赤塚不二夫氏のマンガ(たぶん「天才バカボン」だと思うが)の中で、
当時売り出し中だったのか
篠山紀信氏のことをカメラ小僧といというキャッチフレーズつきで作中に名前を出していた記憶がある。

昭和40年代半ばから50年代にかけてのことだと思う。

8人目のチェッカーズ:カメラ小僧Tは誰?名前は?

8人目のチェッカーズとして認知されていたカメラ小僧の男性Tですが、彼はどんな人物なのでしょうか?

メンバーからも公認されていた人物であれば、当時のファンも彼の存在を知っていたはずです。

そこで、このカメラ小僧のTさんについて調べてみたものの、ネット上には詳しい情報が一切上げられていなかったのです。

「カメラ小僧」の語源ともなったTさんですが、今回のエピソードが事実であれば、彼を知る人間がいても不思議ではありません。

そのため、ネット上では「8人目のチェッカーズは作り話ではないか?」という懐疑的な声も上がっています。

この8人目のチェッカーズについて情報をお持ちの方はコメント欄よりお知らせ下さい。

スポンサーリンク