【カレー店は閉店】ビトタケシの喫茶店↓現在のエスパー伊東は脳梗塞!会見で引退否定

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、モノマネ芸人のビトタケシさんを取り上げます。

その名の通り、「ビートたけし」さんのモノマネを得意としている彼ですが、全国区の知名度はありません。

しかし、エスパー伊東さんとの関係が取り沙汰され世間の注目を集めています。

今回は、モノマネ芸人のビトタケシさんについて調べてみました。

ビトタケシが脳梗塞のエスパー伊東を資金面で援助

ビトタケシさんとエスパー伊東さんの関係について「スポーツ報知」は次のように報じています。

お笑い芸人のエスパー伊東(58)が重度の脳梗塞のため、
入院生活を送っていることが4日分かった。

40年来の友人関係で金銭的援助を続けているビトは

「まだ歩けず車椅子なので、
今後は老人ホームとか、
そういう施設に入るという話をしています」

と明かし、

「老人ホームから仕事復帰を目指すと。

本を出したいとも言ってます」

と休業8か月を経過した伊東の現状を伝えていた。

(2019年9月4日配信)

上記の通り、ビトタケシさんはエスパー伊東さんの友人であり、現在は金銭的援助をしていたのです。

ただ、一説によると、エスパー伊東さんの年収は2000万円とも言われています。

そのため、金銭的援助が必要なほど生活が困窮しているとすれば、ほとんど貯金していなかったのかもしれません。

世間の反応

ビトタケシって芸人だって金銭的援助するのは大変な立場だろう

いい人だな

焦らずゆっくり復帰に向けて頑張ってほしいです。

エスパーも若く
まだまだくたばる年でも無いのでゆっくりでいいから復帰をして欲しい。

ビトたけしも芸人としてはそんなに売れて無いと思う。

副業をやっているけど
そちらの方の才能があり援助が出来るのかな?

ビトタケシの喫茶店(カレー店)は既に閉店

全国区の知名度こそないビトタケシさんですが、実は、実業家の一面も持ち合わせています。

というのも、彼は自身がオーナーを務める喫茶店(カレー店)を経営していたのです。

喫茶店の名前は「BOSCO BITO」といい、2015年3月にオープン。

しかし、「経営していた」と過去形で表現した通り、このお店は同年9月に閉店しているのです。

その理由は「経営不振」および「膨れ上がる借金」でした。

惜しまれつつも閉店した彼のお店ですが、ネット上では「カレーが特に美味しい」と評判になっていたのです。

このお店、カレーが凄い美味しいということで、
期待して行ったのですが、
期待通りとてもおいしいカレーでした。

甘めで、スパイスが複雑だけど
辛さ控えめのカレー+横のマカロニサラダで¥800です。

※「GloryDazeDays」より引用
(2015年8月13日投稿)

口コミでは「美味しい」と大評判のカレーですが、これはビトタケシさんのオリジナルではないようです。

・カレーは東長崎に以前あった美味しいカレー屋さんからレシピを教わったモノである

モノマネ芸人らしく、お店のメニューにもオリジナルが存在していたのです。

エスパー伊東が会見で引退を否定

2019年現在、エスパー伊東さんは重度の脳梗塞を患い、入院を強いられています。

しかし、彼は「休業」状態であり、「引退」したわけではありません。

エスパー伊東さんは2018年12月31日をもって活動を休業することを宣言。

ところが、一部のメディアがこれを「引退」と報じたため、世間に大きな衝撃が走ったのです。

この誤報を受けて、エスパー伊東さんは記者会見を開き、改めて引退を否定する運びとなりました。

現在においても引退宣言は行われていないため、入院が事実だとしても「休業」という扱いです。

スポンサードリンク

最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございます!