【チャン・ジャヨン】性接待の相手は誰?遺書(手紙)の全文は?

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、韓国女優のチャン・ジャヨンさん(故人)を取り上げます。

”性接待”を苦に2009年に死亡したチャンさんですが、ここに来て再び世間の注目を集めています。

そのきっかけは、チャンさんの性接待を暴露したユン・ジオさんの存在でした。

2020年11月24日、突如としてユンさんに死亡説が浮上したのです。

一体、チャン・ジャヨンさんとはどんな人物なのでしょうか?

ユン・ジオの死亡説は嘘?

チャンさんの性接待を暴露したユンさんですが、ネット上では死亡説が取り沙汰されています。

ユンさんの死亡説について「スポーツソウル日本版」は次のように報じています。

11月24日、ユン・ジオのSNSには、
彼女が死亡したような内容の書き込みが掲載された。

掲示板には

「こんにちは。ジオの家族です。

私たちのジオがどうか安らかに休めるようお願いします。

とても優しくてきれいな子です」

との文言が残された。

(2020年11月24日配信)

上記の通り、ユンさんの死亡は家族と思われる人物の投稿によって公表されていたのです。

しかし、具体的な死因については一切言及されていないため、SNSが乗っ取られた可能性も指摘されているのです。

事実、ユンさんの”知人”を名乗る人物は彼女の無事を報告しています。

ユン・ジオの知人と明かす人物は
彼女のSNSアカウントがハッキング被害に遭っただけで、
無事であることを伝えた。

また、その知人は

「いま(ユン・ジオと)一緒にいる。

ハッキングされた状況でログインもできない。

心配してくださり感謝する」

とも伝えている。

※「WoW!Korea」より引用
(2020年11月24日配信)

上記の通り、ユンさんの知人を名乗る人物は本人の無事を伝えてはいるものの、ユンさんの写真などはアップされていません。

そのため、現在の時点ではどの情報にも信憑性はなく、ユンさんが存命なのか死亡しているのかは分かりません。

世間の反応

日本の芸能界も同じだろうな。

韓国ばっかり責められんぞ。

「死んでる」「生きてる」

どっちの情報源もあやふやだし、
両方ともフェイクの可能性あるな。

チャン・ジャヨン:性接待の相手は誰?

性接待を苦に2009年に死亡したチャンさんですが、その”相手”は誰なのでしょう?

実は、生前のチャンさんは接待相手の名前を”リスト化”しており、それを遺書に記載していたのです。

彼女が遺書の中で告発した性接待の相手について、「ハンギョレ」では次のように報じられています。

「報道機関、放送会社、金融会社、
ディレクター(PD),監督、企画会社代表ら…

母の法事の日にも出た変態×、
中毒者などに酒接待×の目にあわされて…。」

チャン氏は手紙に

「企画会社代表6人、
大企業代表そして幹部ら6人、
金融会社幹部2人、
日刊紙新聞社記者出身、
IT○○新聞社代表そして幹部2人、
日刊紙新聞社代表2人<○○日報>等、
ドラマ外注製作社ディレクター7人、
映画など監督8人、
専属契約前と契約して所属会社社長に性(上)納は基本だった」

と書いた。

※「http://japan.hani.co.kr/arti/politics/7523.html」より引用

上記の通り、性接待の相手は企業の重役やマスコミ関係者まで含まれていたのです。

一部報道によると、彼女が相手にした人物は100人を超えるとされています。

遺書(手紙)の全文は?

チャンさんが遺した遺書ですが、その枚数は50通にも上るようです。

しかし、遺書の全文は公開されていません。

ただ、以下のブログでは遺書の原文や対訳が掲載されています。

参照先

http://jojack5.blog25.fc2.com/blog-entry-735.html

スポンサーリンク