【チーズ牛丼】名越稔洋の侮辱は誰?名前:ぷよぷよゲーマーともくん

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、セガの取締役CCOを務める名越稔洋(としひろ)氏を取り上げます。

2020年7月29日、セガの公式YouTubeチャンネルで配信された動画内での発言を巡り、名越氏が炎上しています。

一体、彼は何と発言したのでしょうか?

名越稔洋がプロゲーマーを「チーズ牛丼」と侮辱?

名越氏の問題発言について「J-CASTニュース」は次のように報じています。

問題となったのは、
「名越が生で訊く!」というコーナーだ。

決勝では男子高校生と男子大学生のプロ選手が対戦した。

「どうですか、
eスポーツとしてのぷよぷよの盛り上がりは」

と大会について感想を求められた名越氏は、
苦笑しながら

「真面目そうな子が、ねえ。

いいじゃないですか。

うまくいえないけど。

いい言葉が浮かばないけど」

などとプレーヤーの見た目の雰囲気に言及した。

細山田氏も笑いながら

「地味は地味ですね」

「修行僧みたいな、すごい練習してるんで。
派手さはないかもしれないです」

と応じ、
名越氏の

「チーズ牛丼食ってそうな感じ」

との発言にはスタジオが笑いに包まれた。

(2020年7月30日配信)

上記の通り、名越氏は高校生のプロゲーマーに対して「チーズ牛丼」と侮辱したかのような発言をしていたのです。

このチーズ牛丼とはネットスラング(俗語)の一種であり、「チーズ牛丼顔」という意味で、主に「煽り・罵倒・侮辱」の際に使用されます。

名越氏が唐突に発したチーズ牛丼の意味(真意)は彼にしか分かりません。

しかし、既に「チーズ牛丼顔」というネットスラングが存在することから、この意味でチーズ牛丼と発言したと捉えるのが普通でしょう。

そうでなければ、プロ同士の対決の感想を求められた際に、何の脈絡もなく「チーズ牛丼」と発した説明がつきません。

この発言を受けてネットユーザーからは批判の声が殺到。

その結果、セガは問題の発言をカットした上でアーカイブを公開しました。

ところが、問題発言を切り取った動画が既に拡散されているのです。

問題の「チーズ牛丼」発言がこちらです。

この動画を見る限り、名越氏がチーズ牛丼と発言した直後に周囲の人間も笑っています。

そのため、その場にいた全員にも非があると思われます。

世間の反応

ファンやユーザーをバカにする発言が自然と飛び出すあたり、
さすがはあの新サクラ大戦を作った方らしい発言だと思いました

放送見てた人こそ意味わからんが
嘲笑する言葉なんだろうと受け取るような使い方してたのですけど、
周りも笑ってましたし

カットされててワロタ

最初から言わなきゃいいのに。

俺はねぎたま牛丼とにんにくの芽牛丼が好き。

SEGAに対して多大な貢献をしてくれたゲーマーの方々を公然と侮蔑…

これがSEGAのやり方であり
企業方針という認識でよろしいでしょうか?

SEGAは日本のゲーム文化とゲーマーという職業に対して
差別的な意思をもっていると…

そういうことですか?

名越氏に対する厳重な処分と公式文書での謝罪が必要なのでは?

動画編集とてきとうな謝罪で逃げるきですか?

差別に厳しい英語圏でも拡散されてるみたいですけど

「チーズ牛丼」と侮辱された「ぷよぷよゲーマー」は誰?名前は?

チーズ牛丼と侮辱された「ぷよぷよ」の高校生ゲーマーは誰なのでしょうか?

そこで、公開されたアーカイブを視聴したところ、「ともくん」であることが明らかになりました。

「ともくん」のTwitterがこちらです。

ただ、彼は今回のチーズ牛丼発言について一切言及していません。

チーズ牛丼発言を全く気にしていないのか、敢えてスルーしているのか不明です。

しかし、いずれにせよ、「ともくん」の方が”大人”な対応と言えるでしょう。

「ともくん」の本名は?

「ともくん」の名義で活動していますが、彼の本名は何というのでしょうか?

プロゲーマーの中には本名を公開している人物も複数存在しています。

そこで、彼の本名について調べたところ、以下のツイートが確認されました。

上記の通り、ネット上で公開されているのは「ともくん」の名前だけで、本名については非公開のようです。

ただし、会場では本名が公開される可能性があるため、”完全非公開”というわけではなさそうです。

スポンサーリンク