【デボン・オケリー】SNS:インスタ+Facebook特定

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、モデルのデボン・オケリーさんを取り上げます。

補足

英語表記:Devon O’Kelly

別名義:DevilSybil

サンディエゴ在住のデボンさんですが、”眼球”にタトゥーを入れたことが報じられ世間の注目を集めています。

一体、デボン・オケリーとは何者なのでしょうか?

デボン・オケリーが眼球に紫のタトゥーを入れる

眼球にタトゥーを入れたデボンさんについて「日刊ゲンダイDIGITAL」は次のように報じています。

米カリフォルニア州サンディエゴに住むモデル兼ダンサーのデボン・オケリーさん(25)は眼球にタトゥーを入れる前、

「失明する危険性があるから覚悟しておいて」

と注意喚起された。

「失明の危険だけでなく、
視力の低下やかすみ、
頭痛、光に敏感になるなどのリスクを告げられました。

それでも眼球のタトゥーの魅力が勝っていたので決意しました」

(2021年2月8日配信)

デボンさんは紫が好きであるため、眼球以外にも髪の毛も紫に染めていました。

眼球にタトゥーを入れることは失明以外にも重大なリスクを孕んでいるため、決して真似してはいけません。

世間の反応

本当?

体に刺青を入れるだけでも健康に良いとも思えませんが、
眼球はやりすぎでしょう。

もし、失敗して失明していたら、
自慢の刺青も一生見ることができなくなるですから、
代償が大きすぎませんか?

自分で望んですることだから、
他人がとやかく言うことではないでしょうが、
もし、自分の子供だったら絶対あきらめさせますけど。

依存症というか、メンタルの病気だと思う。

自傷行為でカタルシスを得ているタイプなんでしょうね。

こんなのカラコンで十分だと思うし、
飽きたり嫌になったりしてももとには戻せないし、
他人事ながら
この先どうするんだろうと心配にしかなりません。

特別なオンリーワンを目指しているのかしら。

すごい勇気。

その勇気があれば
もっと他のことでオンリーワンにもなれた気がするけど…

目指す自分になりたい気持ち、わかるけど…

けど。けど。

SNS:インスタ+Facebookを特定

デボンさんのSNSを調べたところ、インスタグラムおよびFacebookのアカウントが特定されました。

@

Devon O'Kellyさんの投稿 2020年6月4日木曜日

本人のFacebookによると、2015年からRaff Opdakaさんという男性と交際しているようです。

スポンサーリンク