【ハーフ?】アイクぬわら:ゴールドマンサックスの年収は?

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、お笑い芸人の「アイクぬわら」さんを取り上げます。

「超新塾」のメンバーでもあり、俳優やナレーターとしても活躍している彼ですが、ここに来て”ある女性タレント”の彼氏候補として名前が挙がり世間の注目を集めています。

一体、その女性タレントとは誰なのでしょうか?

「アイクぬわら」が”みちょぱ”の彼氏候補に

ある女性タレントの彼氏候補に挙げられたアイクさんについて、「スポニチアネックス」は次のように報じています。

タレントの“みちょぱ”こと池田美優(22)が、
1日放送のフジテレビ「有吉の冬休み 密着77時間in沖縄」に出演。

共演した有吉弘行(46)と小嶋陽菜(32)から“彼氏候補”を紹介された。

そんな中、食事をしていると、
みちょぱの彼氏候補が話題に。

有吉が

「おすすめがいる」

と切り出し、
小嶋は

「ずっと夏から言ってます」という。

その男性とは、
DMM英会話のCMで知られているタレントのアイクぬわら(34)。

有吉と小島は昨年(2020年)9月5日に放送された「有吉の夏休み2020」でも、
みちょぱに“おすすめ”していた。

(2021年1月2日配信)

上記の通り、”ある女性タレント”は、”みちょぱ”こと池田美優さんでした。

番組ではアイクさんがサプライズで登場、池田さんはまんざらでもない様子でした。

世間の反応

Wikiで調べたら
アイクぬわらってゴールドサックスマンでデーターセンターエンジニアリングとして勤務していたっていうくらいだから、
頭いいよね。

頭いいからアイク好きです。

知的レベルで考えたらアイクさんとは釣り合わないかと。

元ゴールドマンサックス勤務:現在の年収は?

冒頭でも触れた通り、アイクさんは芸人だけではなく俳優やナレーターなどマルチに活躍しています。

しかし、彼の前職は「ゴールドマンサックス」だったのです。

世界をリードするゴールドマンサックスに勤務していた当時、彼はエンジニアとして働いていました。

ただ、アイクさんが同社に入社したのは、あくまでも「お笑い芸人になるため」でした。

ゴールドマンサックスの同僚に芸人になることを打ち明けた際には必至で止められたそうです。

しかし、当時から日本のお笑いに魅了されていた彼は、周囲の反対を押し切って芸人に転身したのです。

ゴールドマンサックスの高収入を蹴ってまで芸人に転身した彼の年収はいくらなのでしょうか?

2018年時点でレギュラー6本を抱える程の人気者になったアイクさんですが、それでもゴールドマンサックス時代よりも収入は低いと思われます。

というのも、過去のインタビューで次のように発言しているからです。

アイク:少なくともお金ではないですね。

お金が欲しかったらさっさとお笑いを辞めて、
ゴールドマン・サックスに戻ればいい(笑)。

※「https://next.rikunabi.com/journal/20180530_p03/」より引用

そこで、ゴールドマンサックス時代の年収を調べたところ、彼と同じエンジニア職の年収は「950万円)との情報が確認されたのです。

参照先

https://www.vorkers.com/user_answer.php?vid=a0A1000001j14hW

この950万円という情報は1つの指標に過ぎませんが、ゴールドマンサックス時代のアイクさんも同等の年収を得ていたと思われます。

この年収を基準にすれば、現在の年収は950万円以下と推定されます。

ハーフ?

昨今に日本ではハーフタレントが活躍していますが、アイクさんはハーフではありません。

アイクぬわらは見た目は陽気な黒人だが、
最近のスポーツ界でもよく見かける“ハーフ”ではなく、
マンハッタン生まれワシントン育ちの生粋のアメリカ人。

※「https://www.oricon.co.jp/special/53291/」より引用

同紙によると、アイクさんの両親は薬剤師で弟と妹も医療の道に進んでいるようです。

スポンサーリンク