【パーフェクトフェイズ】札幌:偽パトカーのYouTuberが誰か特定

時事

こんにちは。坊主です。

2020年12月15日、北海道 札幌市において”偽パトカー”を走らせた容疑で2人の男が書類送検されました。

書類送検されたのは”YouTuber”で、過激な動画を撮影していたと思われます。

一体、偽パトカーを走らせたYouTuberとは誰なのでしょうか?

また、偽パトカーを走らせると、どんな罪になるのでしょうか?

北海道 札幌市:ハロウィンの夜に偽パトカーを走行させる

書類送検された2人のYouTuberについて、「北海道ニュースUHB」は次のように報じています。

ハロウィーンの夜、
北海道札幌市中心部を”偽物のパトカー”で走り回ったとして
ユーチューバーの男ら2人が書類送検されました。

道路運送車両法違反などの疑いで書類送検されたのは、
札幌市内に住むユーチューバーの男ら2人です。 

2人は10月31日ハロウィーンの夜、
札幌市中心部の狸小路商店街周辺の道路を、
無許可で赤色灯のついた偽物のパトカーで走行するなどした疑いが持たれています。 

(2020年12月15日配信)

報道によると、偽パトカーはYouTuberの私物ではなく、これを貸し出した会社が存在しているようです。

偽パトカーを貸し出した会社も書類送検されていますが、どちらも微罪であることから、実名が出ることはないでしょう。

一体、偽パトカーを走らせたYouTuberとは誰なのでしょうか?

世間の反応

目立ちたがり屋が、お金になるユーチューバーなんてものが出来たから、
「何でもあり」の世の中になっちゃったね。

これからも、次々に目を引く行為をするんだろうね。

迷惑をかけた事に対する罰が軽いからね。

車での爆走や交差点で寝そべったりと、
迷惑行為をやりたい放題だよ。

YouTubeで発信したら、別な刑を考えないと、
あとからあとから出て来るよ。

迷惑行為とYouTubeの合わせで、
刑期5~10年位入って貰いましょう。

YouTubeの閲覧数で、刑期を決めるのもいいかな?

それだけ迷惑行為を拡散させたのだからね。

一線を越えてるね。

やっていいこととやってはいけないことの区別がつかないのだろうか・・

そろそろYouTubeと各国行政は迷惑ユーチューバーの排除と取締り(逮捕、刑罰)を強化すべきだと思うが?

書類送検されたYouTuberは誰?名前はパーフェクトフェイズと特定

偽パトカーを走らせたYouTuberについて調べたところ、「Perfect Faces」(パーフェクトフェイズ)であることが分かりました。

パーフェクトフェイズは偽パトカー騒動について謝罪動画をアップしています。

本人(=まる)の釈明によると、偽パトカー動画は新曲のMV撮影の一環とのこと。

また、MV撮影と並行してYouTubeの企画も同時に撮影しており、その企画に偽パトカーが登場する予定だったようです。

謝罪動画をアップした「まる」によると、一連の偽パトカー騒動の犯人は自分だと主張しています。

しかし、書類送検されたYouTuberは2人いるため、「まる」以外にも偽パトカー騒動に関与していた人物がいたことになります。

偽パトカーはどんな罪になる?

偽パトカーを走行させた場合、どんな罪になるのでしょうか?

そこで、該当する犯罪について調べたところ、以下の2つの罪名がヒットしたのです。

偽パトカーに関する2つの犯罪

(1)道路運送車両法

(2)公記号偽造罪

まず(1)の道路運送車両法ですが、これは偽パトカーの赤色灯パトランプ)が該当します。

実は、赤色灯が設置できる車両は「緊急車両」だけなのです。

赤色灯は、有事が起きた際にいち早く現場に駆け付けるために点灯させるものです。

そのため、緊急車両以外の”一般車”がこれを設置・点灯させた場合、「他の交通の妨げになる」と判断され、違法となります。

続いて(2)の公記号偽造罪ですが、これは警察のエンブレム「警視庁」「〇〇県警」などの文字が該当します。

これらは警察固有の”公記号”であるため、それを模す行為は違法なのです。

スポンサーリンク