【ヒイラギリオ】俳優:池田航がコロナ隠蔽?口止め理由は?

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、俳優の池田 航(こう)さんを取り上げます。

100万人のフォロワーを抱えるTikTokerでもある池田さんですが、ここに来て”ある疑惑”が浮上しています。

それが「新型コロナウイルス感染を隠蔽していた」というものです。

実は、彼は感染が確認された後も普通に仕事をしており、多数の人間と共演(接触)していました。

もしコロナ感染を隠蔽していたとすれば、池田さんの行動は糾弾されて然るべきです。

果たして、彼の隠蔽工作は事実なのでしょうか?

池田 航のコロナ隠蔽をヒイラギ リオが告発

池田さんのコロナ隠蔽を告発したのは、アイドルおよびYouTuberとして活動しているヒイラギ リオさんでした。

ヒイラギさんによる告発について「リアルライブ」は次のように報じています。

ドラマ『グランメゾン東京』(TBS系)などに出演した俳優の池田航に、
新型コロナの感染を隠蔽していた疑惑が持ち上がっている。

問題となっているのは、
マルチタレントでユーチューバーのヒイラギリオが4日にツイッター上で行った告発。

ヒイラギは池田と「au PAY マーケット」内の配信コンテンツで共演後、
別の共演者から

「池田さんが新型コロナウイルス陽性」

と連絡が入ったことを告白。

ヒイラギは保健所から濃厚接触と判断され、
自粛をしていたが、その後コロナに感染したという。

しかし、ヒイラギによると、

「しかし池田さんもau PAY マーケットも池田さんはコロナ陽性ということは発表しない、口外しないで欲しいと言っていて
黙っていれば優先的に番組に出演をお願いすると言われ不信感しかありません」

と口止めされ、
見返りに番組出演を増やすと持ち掛けられたという。

ヒイラギは

「陽性ということを隠して仕事をすることは許されることではないと思います」

と訴えていた。

※「https://news.nifty.com/article/domestic/society/12184-200143332/」より引用

上記の通り、池田さんは自身が陽性であることを知っていたにも拘わらず、それを公表することなく仕事を続けていたのです。

その結果、濃厚接触者の1人であったヒイラギさんも感染が発覚したというわけです。

この件についてヒイラギさんは口止めを要求され、その見返りとして番組出演を確約されたと暴露しています。

ヒイラギさんによる告発ツイートがこちらです。

後者のツイートでは、池田さんの所属事務所が彼の感染を公表しないという趣旨の説明をしている様子が収められています。

補足

ナオキ兄さんとは、番組に出演するタレントのブッキングを担当する人間です。

もちろん、いくら芸能人と言えども、病気の話題は個人のプライバシーに係わる問題です。

そのため、コロナに感染したとしても必ずしも公表する必要はありません。

しかし、コロナへの感染を公表しないのであれば、別の理由を付けて芸能活動を休止する必要があります。

ところが、池田さんはコロナに感染した後も普段通りに仕事を続けており、その結果、ヒイラギさんが濃厚接触者に認定されてしまったというわけです。

今回の一件が池田さん個人の判断にせよ、事務所ぐるみの判断にせよ、早急な説明が求められます。

世間の反応

池田航やってんな

ティックトック好きだったけどコロナ隠蔽は許されねぇよ

NHK見てるか????

ちゃんとコロナ陽性でしたと告白するべきです

事務所からの指示なんでしょうが
隠蔽するのは良くないと思います

あなたからうつされた人もいる事を認識してください

池田航の事務所のコロナへの配慮が全く足らない出来事だわな。

コロナ隠蔽とか今の時期やっちゃ駄目だろと

隠蔽(口止め)の理由は?

池田さんがコロナに感染したことを隠蔽しようとした理由は何ったのでしょうか?

実は、今回の問題はコレコレ氏が既に取り上げていたのです。

その際、彼が自身の感染を隠蔽した理由について次のように考察されていました。

【コレコレ生放送】

①7月21日auペイマーケットの番組で起きた事件

②池田航からコロナ陽性と22日に連絡が来た

③番組スタッフから口止めされた

※隠す理由は池田航がNHKの連ドラが決まっているから?

※「まぃたん@maitan_kore」より引用

もし、池田さん及び事務所がドラマ出演を理由に隠蔽(口止め)したのであれば、彼らの信用に地に堕ちたと言えるでしょう。

今回の疑惑について池田さんは何ら釈明をしておらず、彼のTwitterには真実を求める声が殺到しています。

ヒイラギさんの告発が虚偽であれば、池田さんは自身の名誉を守るために徹底して闘うべきです。

スポンサーリンク