【元嫁:大門節子】梅宮辰夫が岩井常代と婚約破棄!子供や現在の画像

時事

こんにちは。坊主です。

2019年12月12日、俳優の梅宮辰夫が死去したことが報じられました。

これに伴い、ネット上では梅宮さんの”女性遍歴”にも関心が集まっています。

実は、彼には離婚歴があり、私生児(隠し子)もいたのです。

一体、梅宮さんはどんな女性と関係を持っていたのでしょうか?

現在の嫁は梅宮クラウディアだが元嫁は大門節子

梅宮さんの妻といえば、「クラウディア」さんであることは世間の多くが知るところでしょう。

娘のアンナはクラウディアさんとの間に生まれた子供です。

しかし、冒頭でも触れた通り、梅宮さんには離婚歴があるのです。

クラウディアさんと結婚する以前に婚姻関係があった女性というのが「大門節子」さんです。

梅宮さんは大門さんと1968年12月に結婚していますが、当時の彼女は銀座のクラブで働く”ホステス”でした。

しかし、大門さんと婚姻中にクラウディアさんと出会い、わずか半年で離婚

その後、クラウディアさんと再婚し、娘のアンナさんが生まれたというわけです。

気になる大門さんの素顔がこちらです。

大門さんは”一般人”でしたが、上記の通り、歌手デビューも果たしていました。

大門節子の現在とは?

大門さんの現在について調べたところ、”ある人物”と婚約していたことが分かったのです。

その人物というのが、元キックボクサーの沢村 忠さんです。

ただ、2人は婚約したものの入籍はせずに、最終的には破局したようです。

その大門と離婚した梅宮は、
銀座で一時代を築いた「シルクロード」で働いていた外国人ホステスと再婚。

梅宮アンナの母であるクラウディア夫人のことだ。

さらに大門もまた、
離婚直後にキックボクシングのカリスマだった沢村忠と婚約して話題となるが、
結婚までには至らなかった。

※「アサ芸プラス」より引用
(2017年7月24日配信)

結婚こそしなかったものの、2人の間にはさんが生まれています。

娘の名前は「玲子」さんといい、一時期は「白羽玲子」の名前で芸能活動をしていました。

婚約破棄した岩井常代とは?画像は?

上述した通り、梅宮さんは2度の結婚歴があります。

最初の”妻”は大門節子さんですが、実は、この直前にも交際していた女性がいたのです。

その女性というのが「岩井常代」さんという方です。

この方もホステスとして働いており、梅宮さんの子供を妊娠していました。

しかし、妊娠4ヵ月だった時(1986年)に梅宮さんから一方的に婚約を破棄されているのです。

岩井さんとは3年間も同棲を続けており、お互いに結婚を意識した交際だったことは想像に難くありません。

ところが、婚約中に大門さんという”新たな女性”が現れたことで、梅宮さんは即座に”鞍替え”をしたというわけです。

あまりにも不幸な結末を迎えた岩井さんですが、現在までに顔写真は公開されておらず不明となっています。

私生児として生まれた子供の年齢や画像

岩井さんは梅宮さんと入籍することなく子供を出産しています。

つまり、この子供は”私生児”となります。

岩井さんが婚約を破棄された当時、彼女は妊娠4ヵ月目でした。

そのため、子供は1968年~1969年の間に生まれたと推測できます。

この前提を元に現在の年齢を推測すると、50歳~51歳となります。

ただ、子供の素性(名前・顔写真・性別)は一切公表されていません。

スポンサードリンク

最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございます!