【元彼氏:二宮和也】椎名法子の旦那:斉藤紀由が癌に!現在は?

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、歌手の椎名法子さんを取り上げます。

2020年1月12日、彼女が自身のブログを通じて夫の癌について綴り、世間の注目を集めています。

■夫:斉藤紀由(きよし)

一体、旦那さんの癌はどんな状態なのでしょうか?

椎名法子の旦那:斉藤紀由が癌に

夫の癌について「デイリー」は次のように報じています。

女優で歌手の椎名法子が9日、ブログを更新。

夫が悪性リンパ腫から復活したことを伝えたうえで、
同じ病気の人に向けて

「励みになればいいな」

とつづった。

椎名は「旦那さんのがん。」のタイトルで記述。

夫が6、7年前(2013~2014年)に悪性リンパ腫になったことを記し、

「どんながんなのか調べまくったし
同じ病気の人のブログとかもみたり、
メッセージも送ったりもしたな」

と当時を振り返った。

現在、
元フジテレビの笠井信輔アナウンサーが悪性リンパ腫で闘病中

椎名自身は周囲の情報が励みになったとし、

「だからね、同じ病の人や、
家族、周りの人のパワーになればと思い、
テレビ番組にも出たし。

そこでね、
確かに、誰かのパワーにもなったと確信したの。

だから、
また励みになればいいな!!!

うちの旦那はがんから復活したよ」

とした。

現在では

「がんだったことも信じられないけど」

という状態にまで回復。

抗がん剤で抜けた髪もしっかり生えているという。

「全然検査しに行ってないから今年(2020年)は行って欲しいね。」

とつづった。

(2020年1月12日配信)

上記の通り、旦那さんは癌を患ったものの、現在では病院で検査を受ける必要もないほどに回復しているようです。

ただ、椎名さんは「完治」という言葉を使っていませんでした。

果たして、夫の癌は完治しているのでしょうか?

旦那の癌は現在では完治?

椎名さんは夫の癌について「完治」という言葉は使っていませんでした。

そこで、旦那さんの癌について調べたところ、「寛解」(かんかい)という状態であることが分かったのです。

この寛解とは、”一時期”に症状が現れない状態を指します。

”一時的”という言葉の通り、場合によっては再発したり悪化したりする可能性も含んでいます。

そのため、「寛解=完治」ではないのです。

世間の反応

出せる情報は出してあげたらいい。

受ける受けないは、受け手が決めるだろうから。

でもありがたいと思う。

亡き父が咽頭癌になったときに
がん闘病ブログや本を見まくりました

再発3回目のときに声帯摘出したので、
そこからはミキサー食のバリエーションとか
食道発声や電動式人工喉頭などのことでも本当に助けて頂いたと思っています

病院の指導だけではわからないことが多かったですし
父が亡くなった今でも感謝しかありません

治った、完治した、という情報は、
治療方法など、具体的な情報と共に伝えてもらえたらありがたいように思います。

他に、治療による副作用など苦労したことも教えていただけたら、
それが希望になり、
辛いことも乗り越えていけるということもあるのではないでしょうか?

漠然とした『治るから大丈夫』というメッセージや、
『~が治りました』という伝聞では、
無条件に喜べない心理状態なのではないかと思います。

元彼氏は二宮和也!キス画像あり

椎名さんと斉藤さんは2012年に結婚し、現在では2人の子供に恵まれています。

しかし、椎名さんは過去に”ある人物”と熱愛がスクープされていたのです。

それが、「嵐」の二宮和也さんです。

2人の熱愛がスクープされたのは2001年の時。

2人はドラマ「涙をふいて」で共演したことで交際をスタートさせたと報じられました。

『モーニング娘。』の後藤真希に佐々木希ら、
そうそうたるメンツと浮き名を流してきた二宮和也(35)。

彼は18歳にして本誌(※フライデーのこと)で”熱愛デビュー”を果たしている。

お相手は人気アイドル、椎名法子(当時18)だった。

’01年8月、
新曲『時代』がオリコン1位に輝いたばかりだというのに、
ニノは椎名が一人暮らしするマンションを堂々と訪問。

写真はその数時間後、
夜の街に繰り出した二人である。

この後、
手をつないでしばらく歩くと、
路駐していたニノのスクーターでニケツ! 

なんとも初々しい姿を見せた。

※「フライデー」より引用
(2019年2月9日配信)

また、2人のキス写真も流出する事態となり、熱愛は”事実”として認知されるようになったのです。

問題のキス写真がこちらです。

二宮さんと交際していた椎名さんですが、二宮さんのファンから相当なバッシングを受けたことは想像に難くありません。

スポンサードリンク

最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございます!