【動画↓】顔にマスクのペイントYouTuberがバリで炎上

時事

こんにちは。坊主です。

2021年4月22日、”ある動画”がYouTubeにアップされ批判の声が殺到しました。

その動画は海外のYouTuberが投稿したもので、その内容は「顔にマスクのペイントをして入店する」というものでした。

この不謹慎な動画が投稿されたことで、問題のYouTuberには炎上することになったのです。

一体、問題の動画はどんな内容だったのでしょうか?

「顔にマスクのペイントで入店」で炎上のYouTuberが国外退去?

「顔にマスクのペイントで入店」の動画で批判が殺到しているYouTuberについて、「CNN」は次のように報じています。

インドネシア・バリ島でこのほど、
ユーチューバー2人が顔にマスクのペイントをして店舗に入るいたずら動画を投稿する出来事があった。

バリ島ではマスク着用が義務付けられている。

ジョシュ・ペイラー・リン氏(男性)とレイア・シー氏(女性)は既に地元政府よってパスポートを押収されたとされ、
国外退去の処分となる可能性がある。

動画ではまず、
シー氏が食料品店に入ろうしたものの、
マスクを着用していないとの理由で追い返される様子が映っている。

続けて、
リン氏がシー氏の顔にマスクのペイントを塗ったところ、
今度は入店に成功した。

(2021年4月29日配信)

上記の通り、問題のYouTuberはジョシュ・ペイラー・リン氏(男性)でした。

リン氏はパートナーの女性(シー氏)に対してマスクのペイントを施し、入店を試みました。

マスクのペイントで入店に成功したものの、バリ島ではマスクの着用が義務づけられているため、彼らの行為はこれに違反することになります。

また、リン氏のYouTubeチャンネルには約340万人もの登録者がおり、その影響力は絶大です。

そのため、事態を重く見たバリ当局は2人のパスポートを没収。

不謹慎な動画を投稿したことで、2人は国外退去になる可能性が浮上したのです。

世間の反応

いたずらでも笑えない。

国外退去で良いと思うし、
YouTubeもアカウント取り消しで良いのでは?

日本のYouTuberの中にも、
スーパーの食品を購入する前に店内で食べたり、
食品冷蔵庫の中に裸で入って動画をアップしたりしてる人もいて、
犯罪ややってはいけないこと、
悪ふざけを楽しんでいる人がいる。

迷惑なのでしっかり法的に裁いて欲しい。

YouTube運営に問題ある。

歴とした犯罪を垂れ流している行為に加担しているのだから
国家として運営に対して法外な罰金を徴収する等して
各国が対処すれば利益より損失が上回りリスクヘッジに腰を上げざるを得なくなる。

「顔にマスクのペイントで入店」の動画あり

「顔にマスクのペイントで入店」という不謹慎な動画で炎上したリン氏ですが、その動画は既に削除されています。

しかし、その動画は既に第三者によって拡散されていたのです。

炎上した動画がこちらです。

リン氏は普段からイタズラ動画をアップしており、今回の「顔にマスクのペイント」もその一環だったのでしょう。

スポンサーリンク