【勝間和代と破局】増原裕子と東小雪が結婚式⇒離婚!子供の妊娠は?

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、LGBT活動家の増原裕子さんを取り上げます。

LGBT活動家に加え、社会起業としても活躍する彼女ですが、私生活では勝間和代さんと交際していることでも知られています。

しかし、ここに来て勝間さんとのパートナーシップを解消したことが明らかになり、世間の注目を集めています。

一体、2人が破局した理由は何だったのでしょうか?

増原裕子と勝間和代が破局!理由は?

増原さんと勝間さんの破局(パートナーシップ解消)について「スポーツ報知」は次のように報じています。

勝間さんは

増原裕子さんとのパートナーシップを解消しました。
本当に悲しいです。」

とのタイトルで記事をアップし、

「悲しいお知らせです。

11月6日の夜、
ひろこさんから好きな人が他にできたので、
その人と付き合いたいので、
私とのパートナーシップを解消したいという申し出を受け、
悩みましたが、修復は不可能と考え、
その申し出を受諾することにしました」

と増原さんとの別れを報告。

「本当に悲しいです。

まだ、ひろこさんが家を出て数日ですが、
別れを思うと、いつでも涙が出てきて止まりません」

と吐露した。

(2019年11月11日配信)

上記の通り、破局の理由は「他に好きな人ができたから」でした。

そのため、勝間さんは現在でも増原さんに好意はあるようです。

しかし、彼女の気持ちは既に自分から離れてしまっているため、勝間さんは破局という苦渋の決断を下したのです。

世間の反応

結局、お相手の方は、
一人の人と添い遂げることが難しい方なのかもしれませんね…。

勝間さんも二度の離婚を経験されてるわけで…。

男性とだったから続かなかったのかは分からないけど…。

気持ちは時間と共に変化するので、
本人さんがおっしゃるように、
前を向いていれば必ずまた幸せを掴めると思います。

増原さんは、選挙のために勝間さんを利用したかっただけなんでしょうね。

前の方とも同性婚で話題になって、すぐに破局。

お美しいのでニーズがあるのでしょうが、
パパ活でくってる女子大生と変わらないメンタルかと。

勝間さんには、
もっとふさわしい方とつきあってほしいな。

男でも、女でも。

二度も離婚して三人もお子さんがいて、
同性の方とパートナーシップを結び、
しかも有名でとにかく何でもありですごいなと思ってたのに、残念ですね。

法的な縛りがないというのも関係解消を楽にしてるのかもな…。

LGBT否定派ではないですが、
パートナーっていう制度、結婚と近しいものだと思ってたんだけど実際もっと軽い感覚なのかな。

結構解消してる人よくいるよね。

世の中離婚も普通の話だから至って普通なのかもしれないけどさ。

2人の馴れ初めは?

増原さんと勝間さんは同じ「慶應義塾女子高校」を卒業しており、後輩先輩の関係でした。

当時、全く面識がなかった2人でしたが、勝間さんが高校時代の同窓会に出席したこと増原さんの存在を知ることになります。

9つ年上の勝間さんは2015年末の同窓会で、
高校時代の恩師から

「後輩に渋谷区の同性パートナー第1号になった女性がいる」

と聞いていた。

その直後、
友人がフェイスブックに増原さんの写真をアップしているのを見た。

「それまで渋谷区のパートナーシップ条例のことも、
ディズニーで同性結婚式を挙げたことも知りませんでした。

でも、ふと

『この人と話がしてみたい』

と思って友人に連絡したんです」
(勝間さん)

※「NEWSポストセブン」より引用
(2018年5月30日配信)

こうして勝間さんから連絡する形で2人は接点を持ち、親睦を深めることになったのです。

しばらくは友人の関係が続いていた2人でしたが、2017年12月大きな転機が訪れます。

それが増原さんの離婚(パートナーシップ解消)です。

当時、増原さんは東 小雪さんと婚姻関係にありましたが、それが解消されたのです。

それがきっかけで2人の心境に変化が生じ、交際をスタートさせることになりました。

「私は結婚していたので、
それ以前に恋愛感情を持つことはありませんでした。」

「でも、
離婚してシングルになった時、
身近に感じていた勝間さんのことを

“好きになってもいいのかな”

と思いました」
(増原さん)

※「NEWSポストセブン」より引用

こうして増原さんと交際をスタートさせた勝間さんは、2018年3月から彼女を自宅に招き同棲生活が始まったのです。

新しいパートナーの恋人は誰?

2人が破局することになった「新しいパートナー」ですが、これは誰なのでしょうか?

「NEWSポストセブン」によると、この女性は増原さんのSNSに頻繁に登場しているとのこと。

そこで、この情報を手掛かりに該当の女性を調べたところ、”ある人物”の可能性が浮上したのです。

新しいパートナーについては以下の記事をご覧ください。

東小雪と結婚式を挙げるも離婚!その理由とは?

増原さんと勝間さんとは2018年に交際をスタートさせました。

しかし、その直前まで増原さんは”ある女性”婚姻関係にあったのです。

その女性というのが、元タカラジェンヌの東 小雪さんです。

2人は6年間の交際を経て2013年に結婚式を挙げ、2015年には渋谷区で「パートナーシップ証明書」を取得。

結婚式の画像がこちらです。

同性同士の結婚式は海外でも注目を集め、世界的規模で大きな支持を得ました。

また、2人に交付された「パートナーシップ証明書」は”第1号”だっため、LBGT活動に大きな一石を投じたのです。

しかし、2人は2017年にパートナーシップを解消し、離婚しています。

一体、離婚の理由(原因)は何だったのでしょうか?

そこで、離婚原因について調べたところ、「価値観の違い」であることが判明したのです。

それぞれの活動や仕事が増えていく中で、
時間のすれ違いが生じてきて、
また価値観の違いから、
ふうふとして見たい将来にも少しずつすれ違いが生じるようになりました。

その中でふたりの関係性に変化が生じ、
現在、私たちはふうふとしてパートナーシップを継続することは難しいけれど、
お互いを人生の中で得た大切な存在として、親友として、大切に思い、尊重しあえる関係でおります。

※「東小雪オフィシャルブログ」より引用
(2017年11月26日公開)

上記の通り、お互いの生活にすれ違いが生じたことで、2人の間に価値観の相違が生まれてしまったのです。

子供の妊娠は?

2019年11月現在、増原さんに子供はいません。

過去に妊娠・出産も公表されていないため、母親の経験はないようです。

ただ、東さんと結婚していた頃は子供を望んでいました。

その際、2人が選択したのが「知り合いの男性にドナーを依頼する」という方法です。

この男性も同性愛者であり、男性のパートナーがいました。

2人は彼にドナー提供を申し出たものの、”ある問題”が発覚。

実は、この男性は自分が同性愛者であることを両親に打ち明けていませんでした。

そして、その問題を両親にカミングアウトしたところ、家族全員を巻き込む事態となってしまったのです。

その結果、ドナー提供の計画は頓挫してしまい、子供を授かることはありませんでした。

スポンサードリンク

最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございます!