【匂わせ】小島瑠璃子と原泰久の破局理由+馴れ初め

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、タレントの小島 瑠璃子さんを取り上げます。

「キングダム」の作者である原 泰久(やすひさ)さんとの交際がスクープされた小島さんですが、ここに来て破局したことが報じられ世間の注目を集めています。

一体、破局の理由は何だったのでしょうか?

小島 瑠璃子と原 泰久の破局理由

小島さんと原さんの破局について「スポニチアネックス」は次のように報じています。

交際していたタレントの小島瑠璃子(27)と、
人気漫画「キングダム」作者の原泰久氏(46)が破局したことが27日、分かった。

小島本人が周囲に

「お別れしました」

と説明している。

小島の話を聞いたテレビ局局員によると、
破局原因は福岡を拠点とする原氏との遠距離恋愛によるすれ違い。

同局員は

「新型コロナウイルスの猛威が収まらない中で往来もままならず、会う機会も減っていたそうだ」

と明かした。

また、
19歳という年齢差からくる価値観や考え方の違いもあり

「ここ最近、交際1年を迎えたのを機に、
互いの関係に向き合った結果、別れを選択したと聞きました」
(同局員)。

(2021年6月28日配信)

上記の通り、破局の理由は「遠距離によるすれ違い」と「価値観の相違」でした。

しかし、もともと2人の交際は世間から祝福されていませんでした。

それは、小島さんに略奪愛の疑惑が浮上しているからです。

実は、原さんは小島さんと出会う前は既婚者であり、妻子がいたのです。

原さんは2020年3月に奥さんと離婚した後に、小島さんと正式に交際するようになったと言われています。

ただ、世間の多くがこの説明に納得しておらず、略奪愛や不倫疑惑が指摘されているというわけです。

原さんとの破局後、小島さんがバラエティーの第一線に復帰したとしても、世間としては歓迎できるムードではないでしょう。

世間の反応

一番の被害者は、略奪され離婚させられた元妻だな…

せっかく略奪した男を失い、
死ぬまで遊んで暮らせるセレブ生活を失い、
芸能界での人気も失った。

たった一年の付き合いで失ったものは大きかったな。

元々そんなに良いイメージは持ってなかったけど
この報道見て余計に苦手になっちゃったんだよな…。

時系列から
原先生が売れる前から支えてくれた奥さんと別れてこじるりと付き合ったみたいな話を聞いた時はめちゃくちゃ気持ち悪いなと思った。

破局を匂わせていた?

原さんとの破局が報じられた小島さんですが、実は、この報道の直前に破局を匂わせていた節があります。

実は、ある番組に出演した際、小島さんは「私、誰と結婚したら?」と発言していたのです。

プライベートと仕事の両立が難しいと感じているようで、
特に結婚に関しては

「私、誰と結婚したら…?」

と他の出演者たちへ聞くほど悩んでいる姿を見せていた。

※「https://myjitsu.jp/archives/289204」より引用

この発言が飛び出したのは6月23日放送の「あちこちオードリー」でした。

原さんとの破局報道が出る5日前の時点で、小島さんは既に破局を匂わせる発言をしていたのです。

「私、誰と結婚したら?」という発言は台本の可能性もありますが、これが”本心”だったのかもしれません。

馴れ初めや出会いは?

19歳という年齢差のある2人はどのようにして出会ったのでしょうか?

そこで、2人の馴れ初めを調べたところ、2019年1月12日に放送された「世界ふしぎ発見!」であることが分かったのです。

番組の収録時期を考えると、2人が実際に会ったのは2018年12月だと思われます。

もともと小島さんはキングダムのファンであり、2015年に放送された「アメトーーク!」に出演していました。

この番組を原さんも観ており、番組放送後に以下の会話を交わしています。

2人にとって上記の会話が初めての接点でした。

スポンサーリンク