【大神ミオ】休止理由:著作権違反とは何した?

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、VTuBerの大神ミオさんを取り上げます。

2020年8月4日、大神さんの活動休止について公式Twitterが言及し世間の注目を集めています。

https://twitter.com/ookamimio/status/1290851424130101251

一体、休止の理由は何だったのでしょうか?

大神ミオが著作権違反で休止

大神さんの休止理由について公式Twitterでは次のように説明されています。

上記の通り、大神さんが活動を休止した理由は「著作権違反」でした。

ただ、今回の著作権違反は大神さん個人の問題というよりも、所属事務所である「ホロライブ」の責任が大きいでしょう。

現在のところ、権利者との間で話し合いが行われており、休止期間の目処は1ヵ月程度を想定しているようです。

一体、著作権違反とは何をしたのでしょうか?

世間の反応

ミオさんは著作権の確認を貴方達の事を信頼してお任せしていたと思います。

だが貴方達の杜撰な管理のせいで被害を被ったのはミオさんです。

配信者の生命線とも言える配信が行えなくならない様努めないといけないのに
一体何をしていたのですか?

メンバーは勿論、
ファンからも信用を失ってますよ?

ホロライブ側がそのゲーム配信をして、
良いよっていう許可を得てなかったから
こうなったっていう趣旨で捉えて良き?

本当に改善をするなら
全配信を一定期間止めて
配信者と運営でガイドラインのダブルチェック体制を作る、
もしくは外部監査なり社外の目が無いと改善は無理でしょう

6月5日の声明時にこの対応ができれば良かったですね

現状のまま配信を続けるのは異常です

休止理由:著作権違反とは何した?

大神さんが活動を休止する原因となった著作権違反とは何だったのでしょうか?

そこで、著作権違反の内容について調べたところ、以下のツイートが確認されたのです。

上記の通り、著作権を侵害したのは「カプコン」だったようです。

これを裏付けるかのように、「ねとらぼ」より以下の報道が確認されました。

発端となったのは、
VTuber・大神ミオが配信していた「ゴーストトリック」動画が、
7月30日に権利者であるカプコンの申し立てにより削除されたこと。

その後、
大神ミオ以外のVTuberによる動画も大量に削除される事態となり、
所属VTuberやファンの間に混乱が広がっていました。

(2020年7月31日配信)

上記の通り、カプコンから権利侵害を申し立てられていた作品は「ゴーストトリック」だったようです。

このゲームのプレイ動画を公開したことで、大神さんの動画が削除される事態に発展。

しかし、大神さん以外のVTuberも権利侵害の動画を公開していたため、次々と動画が削除されることになりました。

ただ、カプコンとの話し合いが決着すれば、大神さんの活動も再開されると思われます。

スポンサーリンク