【廣瀬爽彩】なあぼう/ツイキャスの年齢+本名↓”りなねこ”の破局理由

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、ツイキャス配信者の「なあぼう」さんを取り上げます。

https://twitter.com/kRXFU8brCyUQpjV/status/1442614544841334789

北海道 旭川市でいじめを受けていた廣瀬爽彩(さあや)さんが、生前に「なあぼう」さんに悩みを相談していたことが報じられました。

一体、「なあぼう」さんとはどんな人物なのでしょうか?

廣瀬爽彩さんが「なあぼう」にいじめについて相談

「なあぼう」さんが廣瀬さんから受けた相談について、「HBC北海道放送」は次のように報じています。

「あ、はじめまして、こんにちは」
(生前の廣瀬爽彩さん)

これは、行方がわからなくなる3か月前の去年(2020年)11月に、
インターネットでライブ配信された動画です。

20代の男性配信者が、視聴者の相談に乗るという内容で、爽彩さんがいじめについて告白していました。

「いじめを受けていたんですけど、
そのいじめの内容が結構きつくて、
自分の方でなかなか納得がいかないっていうか、
処理できないっていう気持ちになってしまってて。」

「それで、すごい簡単に内容を説明しますと、
まず先輩からいじめられてたんですよ。

先輩にいろんなものをおごったりとか、
ちょっと、変態チックなこともやらされたりとかもしたんですけど。

それで、
そういうのにトラウマがあって学校自体に行けなくなってしまって

(うん)

学校に行くためにはどうしたらいいんだろうって考えたときに、
何も自分じゃ思いつかなくて、
学校側もいじめを隠蔽しようとしていて

(そうだよね、今の時代は特に)

そうそうそう」
(生前の廣瀬爽彩さん)

(2021年10月2日配信)

世間の反応

この事件は悪質だから
未成年だろうと加害者を実名報道したほういい。

少年院にいれるべき

イジメの域を越している。

非常に悪質な犯罪だと思う。

未成年だからといって、
実名報道がされないどころか、隠蔽までされるなんて憤りを感じる。

加害者を守る法律なんて変だし、要らない。

守るべきは被害者と、その家族だと思う。

しっかりした子ぽいな、とは前々から思ってたけど、
同世代の子どもを持つ親として話を聞いても、
本当に想像以上にしっかりしててびっくりしました。

きっとほんまにめちゃくちゃいい子やったんやろなって思います。

隠蔽とかいじめとか、ほんまつらかったやろな、
かわいそうでたまりません。

加害者たちはようほんまあんな酷いことするわ!と怒りが込み上げます。

時間戻していろいろ話を聞いてあげたい気分です。

「なあぼう」の本名や年齢は?

「なあぼう」さんのプロフィールについて調べたところ、以下の情報が得られました。

主なプロフィール

本名:山本直樹

生年月日:1991年8月16日生まれ

年齢:29歳
(2021年10月現在)

居住地:千葉県 富里市

※「https://w.atwiki.jp/caswiki/pages/12.html」参照

「りなねこ」との結婚や離婚(破局理由)は?

「なあぼう」さんには彼女がおり、現在では婚約まで話が進んでいます。

結婚を前提に交際していた女性も配信者で「りなねこ」と名乗っていました。

「りなねこ」さんとは2018年から交際をスタートさせており、2019年にプロポーズしていたのです。

https://twitter.com/rixxneko1020/status/1186658847408046080

ただ、現在のところ「結婚」の報告は確認されていないため、入籍はしていないのかもしれません。

ちなみに、2人は婚約に至る前に一度破局しています。

破局理由を簡潔にまとめた動画がこちらです。

この動画を見る限り、お互いに異性関係の問題があったようです。

スポンサーリンク