【引退】柿崎芽実の卒業理由はストーカー!父親は誰?白血病や改名反対説も

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、「日向坂46」の人気メンバー・柿崎芽実さんを取り上げます。

「けやき坂」(通称:ひらがなけやき)から改名したことで「欅坂46」をも凌ぐほどの人気を得た日向坂46ですが、彼女は2019年6月に卒業を発表。

そして、ここに来て芸能界からの引退も明らかになり、ファンの間には大きな衝撃が走っています。

一体なぜ、柿崎さんは引退を決断したのでしょうか?

今回は、突然の引退が報じられた柿崎芽実さんについて調べてみました。

柿崎芽実の卒業理由はストーカー被害だった

柿崎さんの引退について「スポニチアネックス」は次のように報じています。

人気アイドルグループ「日向坂46」のメンバーがストーカー被害を告白したとする書き込みが11日、
ツイッターなどインターネット上で相次いだ。

同グループはこの日、名古屋市で握手会を開催。

終了後、
6月に卒業を発表した人気メンバー柿崎芽実(17)の送別セレモニーが行われた。

複数の書き込みによると、
柿崎は

「ストーカーに遭って握手会に出られなくなった」

という趣旨のあいさつをした。

芸能界を引退する意向も明かしたという。

(2019年8月12日配信)

上記の通り、引退の原因はストーカー被害だったのです。

運営は悪質な書き込みなどを発見次第、警察に通報することを警告していました。

しかし、柿崎さんの場合はネット上の誹謗中傷だけに留まらず、ストーカー被害にまで発展していたようです。

ちなみに、彼女が卒業を発表した当初、その理由を「体調不良」と説明していました。

今にして思えば、今回の卒業および引退は全てストーカー被害が大きく関係していたのです。

「日向坂46」への改名に反対だった?

日向坂46に改名する前の「けやき坂46」時代から柿崎さんは主力メンバーの1人であり、グループの”エース”として活動していました。

当然のことながら、改名後の日向坂46でも選抜入りは確実視されていたのです。

しかし、突然の発表にファンは困惑する事態に。

先述した通り、当初の柿崎さんは卒業の理由を「体調不良」と説明されていました。

ところが、一部からは「改名に反対だった」という声が上がることになったのです。

その理由は、平手 友梨奈さんの存在が関係していました。

実は、柿崎さんは平手さんを崇拝していたため、「けやき坂46」として活動し続けたかったのではと推測されたのです。

「柿崎は『欅坂』のエース・平手友梨奈の信者のため、
『日向坂』として、別の道をたどっていくことが嫌になったといわれていますね。」

「『けやき坂』から『日向坂』への改名が発表された瞬間、
前向きに喜ぶメンバーが多い中、
1人だけ放心状態で涙していましたから…。

また、
仲が良かった『欅坂』の長濱ねるが卒業を発表したことも関係していると考えられます」

※「まいじつ」より引用
(2019年6月25日配信)

日向坂46に改名したことで平手さんとは別々の活動になってしまったことは確かにショックでしょう。

しかし、いくらショックとはいえ、それが原因でグループを卒業したり、引退するとは考え難いものがあります。

白血病説も浮上していた

当初の卒業理由が「体調不良」と説明されていたため、一部からは「重病説」が浮上する事態となりました。

そうした状況下、いつからか「白血病を患っている」という噂が囁かれるようになったのです。

しかし、この噂は特定のアカウントが拡散させていただけの悪質なデマでした。

父親は美術家の柿崎順一氏?

ネット上では柿崎さんの父親として”ある人物”の名前が浮上しています。

それが美術家の柿崎順一氏です。

順一氏は現代美術家として世界的に活躍されており、現代美術の世界に「フラワーアレンジメント」の概念を持ち込んだ第一人者です。

2人の親子説が浮上したきっかけは、以下のLINEグループに投稿されたコメントです。

この投稿は柿崎さん本人によるアカウントですが、「最後まで可愛かったよ」と自分で自分を応援するメッセージとなっています。

一見すると不可解なコメントですが、このコメントを投稿したのは父親という可能性が指摘されています。

実は、柿崎さんは父親のスマートフォンを使ってインターネットを利用していたからです。

柿崎はSHOWROOM配信中に、
父親のスマートフォンを使って配信を行っていると発言しており、
そのことからネット上では、
柿崎の父親がファンを装って応援コメントを送ろうとして、
誤って娘がログインした状態のままコメントしてしまったのではと話題になった。

※ブログ「アイドルって素晴らしい」より引用
(2018年7月16日投稿)

その後、柿崎さんはメッセージアプリを通じて「お父さんがキノコ狩りに行った」ことを報告。

それと時同じくして、順一氏もキノコ狩りの様子をTwitterにアップしていたのです。

アミタケ

Jersey cow mushroom (Suillus bovinus).

あまり状態は良くない。

The condition is not very good.

— 柿崎順一junichi kakizaki
(@JunichiKakizaki)

September 18, 2017

順一氏のTwitterアカウントは既に削除済み

このキノコ騒動をきっかけに、2人の親子説は真実味を増す結果になったのです。

しかし、これらはあくまでも状況証拠であり、お互いが親子と公表した事実はありません。

スポンサードリンク

最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございます!