【彼女+結婚】間瀬翔太が病気(難病)で顔面崩壊!昔は暴走族で画像は?

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、俳優に間瀬翔太さんを取り上げます。

かつては「BLIZZARD」(ブリザド)というアイドルグループで活動していた彼ですが、現在では”ある難病”と闘病しています。

その様子が「爆報!THE フライデー」にて特集されます。
(2019年12月13日放送)

一体、彼はどんな難病を抱えているのでしょうか?

間瀬翔太が「脳動静脈奇形」という難病を発症

間瀬さんが患っている病気は「脳動静脈奇形」といい、”先天性”の難病です。

発症リスクは”10万人の1人”と言われており、まだまだ謎の多い難病です。

間瀬さんの「爆報!THE フライデー」出演について「テレビドガッチ」は次のように報じています。

彼の端正な顔が崩壊してしまったのは、
10万人に1人という難病「脳動静脈奇形(のうどうじょうみゃくきけい)」が原因だった。

始まりは(2019年)6月、風邪のような頭痛だった。

病院で処方された風邪薬を飲んで回復を試みたものの、
1か月経っても頭痛が治まることはなかった。

そして、
7月半ば、新曲のレコーディングの最中、
突如、後頭部が壁にぶつかるような感覚が間瀬を襲う。

これまでに感じたことのない激しい頭痛に加え、
記憶障害まで引き起こり、
自身の体の異変に恐怖を感じた間瀬はマネージャーと共に病院へ。

そして検査を受けた結果、
判明した病「脳動静脈奇形」は、
脳の中で動脈と静脈が直接つながり
とぐろを巻いたような塊になる先天性の血管奇形で、
正常な血管に比べて破れやすく、
脳出血やくも膜下出血などを引き起こす可能性が高い難病だった。

間瀬はこの病気を理由に仕事をすべてキャンセル。

芸能界でこれからという時期に入院を余儀なくされた。

(2019年12月12日配信)

上記の通り、間瀬さんは難病のせいで仕事を全てキャンセルし、あまつさえ入院を余儀なくされたのです。

7時間にも及ぶ手術は成功したものの、それにより彼の顔は”崩壊”することになってしまいました。

現在の顔がこちらです。

かつてのイケメン顔は見る陰もなくなり、まるで別人のような顔になってしまったのです。

世間の反応

難病にかかった間瀬翔太さんがすばらしい人間性を表しています。

ぜひ応援したくなる人です。

苦しみを経験した人は優しくなる、そんな典型的な方です。

間瀬翔太君、ほんまに尊敬します。

みなさん。

間瀬翔太は過去の人ではありません。

今を生きる、これからの人です。

お間違えなく。

昔よりさらに強くカッコよくなってます。

昔は暴走族で当時の画像は?

元アイドルで現在は俳優として活動している間瀬さんですが、実は、芸能界入りする前は「暴走族」だったのです。

手術から4か月。

懸命にリハビリに励んでいるという間瀬の元を俳優・宇梶剛士が突然訪れる。

宇梶といえば元暴走族の総長として知られているが、
実はなんと間瀬も元暴走族

※「テレビドガッチ」より引用

間瀬さん本人も自身のブログで暴走族時代のエピソードを挙げているため、ファンの間では有名な話です。

そこで、暴走族時代の画像を調べてみたものの、当時の写真まではアップされていませんでした。

彼女や結婚は?

現在のところ、間瀬さんは未婚独身です。

また、ブログでは「恋愛願望」に関する話題も投稿されていることから、彼女はいないと思われます。

実は僕は結婚願望も恋愛願望も実はあります。

ただ難病が発覚してから気付いた新たな悩み。

【いつ再発するか分からない。

一般の方より
多少でもリスクのある人間と付き合ってくれる方は居るのだろうか?】

(2019年11月16日公開)

上記の通り、間瀬さん本人は恋愛願望も結婚願望もあるのです。

しかし、いつ再発するかも分からない難病を抱えているため、それが”足かせ”になってしまい、恋愛や結婚に対して臆病になっているのです。

プロフィール

間瀬さんのプロフィールがこちらです。

プロフィール

生年月日:1986年4月27日生まれ

年齢:33歳
(2019年12月現在)

出身地:北海道 夕張市

身長:168cm

血液型:A型

特技:
(1)声マネ
(2)即興なぞかけ
(3)即興ラップ

デビュー:2004年

主な経歴

■2004年(17歳)に芸能界デビュー
代々木公演でストリートダンスをしていた所をスカウトされる

■2004年
第17回 ジュノン・スーパーボーイ・コンテストに出場

■2004年11月
BLIZZARDの初ライブを行う

■2006年6月
「Fate of blizzard」でCDデビュー

■2017年
「妖ばなし」で自身初のドラマ出演

■2019年7月
「脳動静脈奇形」を発症。
芸能人での罹患は初めてであり、過去に前例なし。

スポンサードリンク

最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございます!