【後任は誰】西田敏行がナイトスクープ降板!理由は歩けない病気で車椅子?

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、俳優の西田敏行さんを取り上げます。

「探偵ナイトスクープ」では2代目局長を務めている彼ですが、ここに来て突然の降板が報じられ世間の注目を集めています。

一体、降板の理由は何だったのでしょうか?

西田敏行が探偵ナイトスクープを降板

西田さんの降板について「日刊スポーツ」は次のように報じています。

俳優・西田敏行(71)が、
18日夜に放送されたABCテレビ「探偵!ナイトスクープ」で、
11月22日の放送をもって同番組を降板することを公表した。

西田は、初代局長の引退した上岡龍太郎さんからバトンを受け、
01年1月に2代目局長に就任。

この日の放送で、番組の最後に

「2001年1月から19年務めた局長の職を11月22日の放送をもって辞したい」

と語った。

理由については

「11月22日の放送で詳しく申し上げる」

とした。

同局の担当者もこの日夜、
理由については

「現段階でコメントできることはない」

と話した。

同局によると、
西田出演の最終収録は10月下旬に行われる。

(2019年10月19日配信)

上記の通り、西田さんは2019年11月22日の放送をもって番組を去ります。

ただ、現在の時点では局長退任の理由は明かされておらず不明です。

一体なぜ、彼は番組を降板してしまうのでしょうか?

降板の理由は歩けない病気?現在は車椅子?

降板の理由は11月22日の放送で明かされますが、ネット上では病気の可能性が指摘されていました。

実は、西田さんはかねてより体調不良が心配されており、一部の報道では「歩けない状態」とまで報じられていたのです。

実は、最近の撮影現場ではこんな指示が出ていた。

「2~3年前から、

“西田さんを長時間、歩かせるシーンは控えるように

という指示が出されているんです。

現場では、

“足の調子が悪いのでは”

という声があがっていますよ」
(テレビ局関係者)

9月27日に公開される映画『任侠学園』にも出演が決まっているが、
ここでも彼を心配する声が。

「8月21日に、
同作のリハーサルや劇中映像を収めたプロモーションビデオが公開されるイベントがあったのですが、
歩くときに杖をついていましたよ。

元気ならば杖は使わないと思うのですが、
いったい何があったんでしょうか……」
(スポーツ紙記者)

※「週刊女性PRIME」より引用
(2019年8月27日配信)

上記の通り、西田さんは2016年頃から足の病気が指摘されていたようです。

歩く際に杖を使っていることから、足が不自由なのは間違いないでしょう。

ただ、「歩けない」ほど悪くはありません。

しかし、2016年の時点で車椅子姿の西田さんが「女性自身」に掲載されていました。

東京郊外にある大学病院。

その敷地内を車椅子に座る男性の姿があった。

西田敏行(68)だ。

黒のニット帽をかぶり、
首にはコルセットが。

左手には杖を持っている。

さらに目を引いたのは驚くほどの“激やせ”ぶりだった――。

夫人に車いすを押してもらいながら向かったのは、近くのコンビニ。

店内に車いすを止めると、
寿子夫人は急いで買い物をすませていく。

(2016年6月7日配信)

病院内とはいえ、車椅子での移動が必要だったことから、当時の西田さんは歩けないほどに足が不自由だったのでしょう。

世間の反応

上岡さんの作った局長のイメージを払拭するのは難しいだろうと当初は思ってたけど、
見事に西田流のナイトスクープを確立されたので、
さすが!と思っていました。

次の局長の人選難しいやろなぁ。

ドクターXの一話の逮捕も不可解で、二話から出そうもない

かなり大きな事情があるのは間違いないね

もう19年。

最初は違和感あったけど
今ではなくてはならない存在。

お疲れ様でした。

後任の3代目局長は誰?

ネット上では降板の理由に加えて、後任の3代目局長にも注目が集まっています。

西田敏行局長辞めちゃうのか。

後任誰になるんやろうか

後任の局長、誰になるんだろうか。

上岡龍太郎、西田敏行に匹敵する大物がいるのか?

まあ「西田敏行の後任」を選ぶにあたって
この条件で探すのは流石にキツそうだから
普通にもっと緩い選び方しそうな気もするけど

現在の時点では後任は不明ですが、適任と思われる人物に心当たりのある方はコメント欄よりお知らせ下さい。

初代局長:上岡龍太郎の引退理由とは?

西田さんの前任で初代局長を務めた上岡 龍太郎は既に芸能界を引退され、表メディアに姿を現すことはほとんどありません。

島田紳助さんが師を仰ぐ上岡さんは、なぜ引退したのでしょうか?

彼の引退については以下の記事をご覧ください。

スポンサードリンク

最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございます!