【本名】ENHYPEN(エンハイフン)のケイがデマで脱落

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、韓国で活躍する日本人アイドル「K」(ケイ)さんを取り上げます。

オーディション番組「I-LAND」に出演し「ENHYPEN」(エイハイフン)への加入が有望視されていた彼ですが、結果は落選(脱落)。

彼の落選は「デマ」が原因とされており、日韓のファンからは悲痛の声が上がっています。

一体、ケイさんにはどんなデマが流布されていたのでしょうか?

ENHYPEN:K(ケイ)がデマの拡散で落選(脱落)

ケイさんに関するデマについて「週刊女性PRIME」は次のように報じています。

最終候補者9名で迎えた最終回では、
視聴者投票とプロデューサー陣の選出により
7名のデビューメンバーが決定。

『ENHYPEN』(エンハイフン)として活動することが発表された。

その一方で、
有力候補とされていた日本出身のK(ケイ)の脱落が、
大きな波紋を呼んでいる。

日本のみならず、
ヨーロッパや北アフリカなど海外視聴者からの人気も高く、
中心的キャラクターのひとりとして番組をけん引してきたK。

しかし、
番組後半にあたるパート2(8月14日~)の放送から、
突如雲行きが変わり始めたのだ。

「彼に対する“悪魔の編集”が始まったんです。

これは韓国のリアルバラエティーでよくある手法で、
編集によって特定人物をヒール(悪役)や、
トラブルメーカーに仕立てるんです。」

「視聴者が飽きないようドラマ性を加味するためですね。

過去、
同様のアイドルサバイバル番組で編集のターゲットになった子は、
視聴者からもれなくバッシングを受け、
うつ病を発症する子もいました」
(韓国在住のライター)

このタイミングを見逃さなかったのが、
“アンチ”と呼ばれる韓国の過激なファンだった。

今回、アンチが目を付けたのも、
Kが学生時代に運用していたとされるツイッターだった。

友人との何気ないやり取りの中で登場した“黒人”という単語を切り出し、

「彼は差別主義者だ」

と主張。

北米を中心に議論となっている黒人差別問題を巧妙に絡めて、

「人種差別をする候補者を番組から降板させろ」

とアウトタグ(#out〇〇とグループなどからの脱退を求めるタグ)を貼り付けSNSに投稿。

刺激的なワードに踊らされた番組視聴者によって、
事実無根のデマがあっという間に世界中にばら撒かれてしまったのだ。

※「https://www.jprime.jp/articles/-/18956」より引用

上記の通り、ネット上では「ケイ=差別主義者」というデマが拡散していたのです。

しかし、このデマは彼が過去に利用していたTwitterの内容を切り取って、”意図的”に曲解させたものでした。

そのため、ケイさんが黒人を差別しているという情報は事実ではありません。

デマを拡散させたのは中学生で、既に身元が特定されており、謝罪文を掲載しています。

ただ、ケイさんはこのデマが原因でオーディションに落選しているため、ファンの怒りが収まるはずがありません。

その結果、犯人の中学生に対してバッシングの嵐が起きているのです。

デマの拡散で追い込まれたケイさんですが、そもそもの発端は、番組による「悪魔の編集」が原因であることも重要な事実です。

世間の反応

❔❔❔

あの総工アカウント

今ケイくんの人種差別は虚偽事実だつって
ハッシュタグ総工してんの??

は?

今更もう…何しても遅いよ……

今更あんたたちが何やったって
“ENHYPENのK”には会えないんだよ

今韓国のトレンド1位のタグでENHYPENをニキ君除いた6人支持とかわざわざツイートしてる方かなりいるけど、
ケイ君のことを黒人差別だとかレイシストとかで糾弾しようとしてたのに
どの口が言ってるんですか

ケイ何とかして今後報われてほしいね😭

そして、
いつかENHYPENちゃん達と共演してほしい😭

本名は?

韓国では「K」(ケイ)という芸名で活動している彼ですが、本名は何というのでしょうか?

現在のところ、ケイさんの本名は公式に発表されておらず、様々な憶測が飛び交う事態となっています。

そのため、彼の本名としては複数の情報が確認されています。

■「一ノ瀬 啓」説

■「カタシ ノブユキ」説

しかし、いずれの情報も裏付ける確証はなく、単なる”噂”に過ぎないものとなっています。

スポンサーリンク