【本名+年齢】現在の似非原は小説家!ギークハウスの住人

時事

こんにちは。坊主です。

2019年10月6日放送の「ザ・ノンフィクション」に出演した「似非原」(えせはら)さんが話題となっています。

似非原さんは、pha(ファ)さんが立ち上げたシェアハウス「ギークハウス」(既に解散)の住人で現在は無職とのこと。

番組では彼の考案したゲームや現在の様子が放送されました。

一体、似非原さんとはどんな人物なのでしょうか?

今回は、ギークハウスの住人だった似非原さんについて調べてみました。

ギークハウス住人:似非原の本名や年齢は?

ネット上では「似非原」というハンドルネームで活動している彼ですが、本名は何というのでしょうか?

そこで、彼の本名を調べたところ、「似非原 重雄」という情報が確認されたのです。

また、この他にも「似非原シゲオ」の名義も確認されています。

しかし、これが彼の本名であるのかは不明です。

ちなみに、年齢については2011年5月の時点で27歳という情報が得られています。

よく僕・豊井・似非原(無職・27歳)の三人で近所のファミレスなどに行くんだけど、
そのときはみんなノートパソコンや筆記用具を持っていって、
僕はパソコンでブログを書いたりサイトをいじったり、
豊井はペンで絵を描いたり、
似非原は絵を書いたりプログラミングをしたり文章を書いたり、
各自もくもくと何か作業をして時間を過ごす。

※phaさんのブログより引用
(2011年5月23日公開)

つまり、2019年10月現在の年齢は35歳ということになります。

現在は小説家に

ザ・ノンフィクションでは自身が考案したゲームの開発に奮闘していた似非原さんですが、その計画は途中で頓挫。

その後はYouTuberに興味を示し、「芥川ドラゴソ」というバーチャルYouTuberを生み出しました。

しかし、このYouTubeも2018年を最後に更新が途絶えています。

番組の終盤では似非原さんの近況が明らかになり、現在は小説に没頭しているようです。

本人によると、現在構想中の小説は、「ブラック企業に務めていたサラリーマンが過労死して転生する」というファンタジー作品。

転生して生まれ変わったサラリーマンは、労働で人生を犠牲にした前世を教訓に、「無職」を貫くことを決意します。

本人のサイトでは似非原さんの小説を読むことができますが、構想中の小説は掲載されていないようです。

似非原さんの小説に興味のある方は以下のサイトをご覧ください。

似非原さんのサイト

https://novelup.plus/story/993083156

世間の反応

芸術家タイプな天才で飽きっぽい似非原さん、
起業した会社をきちんと経営しつつニートたちの才能を見出だすひらうさん、
ニートのシェアハウスの創設者phaさんと役者が揃っている。

もっとも、
最後の方で颯爽と現れ、
肉うどんを振る舞う小林銅鑼さんが全て持って行ってしまうが

ザノンフィクションの似非原氏 嫌いだけど好き

神回でしたね

似非原さんのリアクションも含めて これは必見

似非原さんに相田みつを人間だもの大賞を送りたい!

日本一有名なニート:phaは京大卒の秀才

phaさんが発起人となって立ち上がったシェアハウス「ギークハウス」は既に解散しており、彼は一人暮らしを始めています。

2012年には「ニートの歩き方」という本を出版したphaさんとは、どんな人物なのでしょうか?

彼については以下の記事をご覧ください。

スポンサードリンク

最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございます!