【梅澤愛優香】反社(山口組)デマのラーメンオタクは誰?特定は?

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、実業家の梅澤 愛優香さんを取り上げます。

かつては「バイトAKB」として活動していた梅澤さんですが、現在はラーメン店を経営する実業家です。

2021年9月7日、梅澤さんが謂れなき誹謗中傷を受け、加害者を提訴する意向であることが明らかになりました。

一体、彼女が受けた誹謗中傷とは何だったのでしょうか?

また、加害者とは誰なのでしょうか?

梅澤 愛優香が「反社(山口組)と繋がり」とデマを流した人物を提訴

謂れなき誹謗中傷を受けた梅澤さんについて、「弁護士ドットコムニュース」は次のように報じています。

新店で使う具材を仕入れるはずだった取引先に、

「梅澤さんと反社会的勢力の関わり」

を指摘するメッセージが届いたことで、
梅澤さんは取引を打ち切られてしまったという。

メッセージを送った男性は、
弁護士ドットコムニュースの取材に

「業者への善意で送ってしまった」

と送信の事実を認め、謝罪する意向を示した。

しかし、
梅澤さんは、慰謝料など計220万円の損害賠償をもとめて、
9月8日にも横浜地裁に提訴する。

原因は、
都内在住の男性が、業者の代表に送ったフェイスブックのメッセージだという。

そこに書かれていたのは、

「私と反社や山口組との間で関係があると読める内容でした」

(梅澤さん)

画像から日付はわからないが、
梅澤さんによれば、
8月11日から12日にわたって、送られたものだという。

(2021年9月7日配信)

上記の通り、提訴の理由は「反社会的勢力(山口組)との関係を指摘されたこと」だったのです。

当然のことながら、梅澤さんと山口組は一切関係ありません。

こうした流言飛語が発生する背景には、何かしらの理由がある場合がほとんどです。

例えば、元AKBの篠田 麻里子さんは”篠田”という苗字が同じという理由だけで、山口組の組長である司 忍(つかさ しのぶ)氏との関係が噂されたことがあったのです。

補足

司 忍氏の本名は篠田建市。

ところが、梅澤さんに関してはそうした噂すら確認できませんでした。

そのため、提訴された男性が何を根拠にして梅澤さんと山口組の関係を疑ったのか不明なのです。

いずれにしても、梅澤さんは山口組はおろか、あらゆる反社会的勢力とは一切関係がありません。

世間の反応

男性は上記のメッセージを送ったことを認めたうえで、

「又聞きで鵜呑みにした間違った情報を送ってしまった」

などと話した。

SNSに上げるだけでも問題ありますが、
わざわざ取引先に送るのは悪意がありすぎでは。

これが事実なら「嫌がらせ」でしかない。

この女性をあまり知らないし、興味もないが、
SNSへの誹謗中傷が問題化し、
裁判沙汰になっている事案が多く報道されている中、
こんなことをする意味が分からない。

しっかり損害賠償してください。

訴えられて金請求され慌てて謝罪(笑)

ホントの事ならその証明を出せば良いだけ。

大体聴いたのなら何故裏を取ろうとしない?

間違いないとか送ってる時点で陥れようとしているよね。

電話かかってくるとか、通信記録で調べられますよ。

嘘はバレます。

きっちり裁判費用、
店舗費用かかった分は請求しましょう。

提訴されたラーメンオタクは誰?特定は?

梅澤さんのデマを流した人物は誰なのでしょうか?

彼女によると、この人物はラーメンオタクとのこと。

そこで、報道された内容を手がかりに問題のラーメンオタクを調べたところ、以下のツイートが確認されたのです。

このツイートは2021年8月2日投稿されたもので、デマを流布したラーメンオタクが梅澤さんからブロックされた日時と一致します。

ブロックされた日時やツイートの文言が一致されていることから、このアカウント主がデマを流布したラーメンオタクと見ていいでしょう。

Twitterのプロフィール欄にはインスタグラムのリンクも記載されており、インスタにはラーメンの写真が多数アップされていました。

ただ、デマを流したラーメンオタクはFacebookにも登録しているようですが、この人物のFacebookは特定されていません。

そのため、本名や勤務先(職業)などは不明となっています。

しかし、本人のTwitterから「福島県出身」で「50代後半」であることは既に判明しています。

さらに、TwitterのID(スクリーンネーム)から苗字も推測できますが、ここでの記載は控えさせて頂きます。

ご容赦ください。

スポンサーリンク