【櫻坂46に改名?】欅坂46が解散?重要なメッセージの内容とは?

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、「欅坂46」を取り上げます。

2020年7月16日、欅坂46の”改名”がネット上では取り沙汰されています。

しかし、現在の時点で改名されることは公式に発表されていません。

一体なぜ、欅坂46に改名疑惑が浮上しているのでしょうか?

欅坂46のメンバー全員がブログを一斉更新

ネット上で取り沙汰されている改名疑惑のきっかけは、メンバー全員が”一斉”にブログを更新したことにありました。

16日、グループ初の無観客・配信ライブを行う欅坂46。

その本番当日の朝、
メンバー全員の28人が一斉にブログを更新。

異例の出来事にネット上のファンは騒然となり、
「欅坂46」がツイッターでトレンド入りした。

ブログの一斉更新に加え、
オフィシャルサイトでは、本公演で

「欅坂46より、皆さまへ重要なメッセージをお伝えする予定です」

と事前にアナウンスしていることもあり、
ネット上のファンはざわつき、
その期待は高まっている。

※「クランクイン」より引用
(2020年7月16日配信)

上記の通り、本日(7月16日)開催のライブにて、欅坂46はファンに向けて「重要なメッセージ」を出すと告知されていたのです。

今回のブログ一斉更新に加え、”ある変化”が起きたことでファンの間では「重要なメッセージ=改名」という説が浮上する事態になりました。

世間の反応

上村さんや渡辺梨加さんも書いてるとなると、
運営からの号令かな、

確か自粛期間中の共和国の配信もメンバーがツイートしてたし、
今回の無観客ライヴは何かしらの決意表明かもしれないね。

平手がいない欅を同じ路線で売ると、
前と比較されるだけ。

日向が人気になり欅の存在感が無くならないように、
新たなイメージを加えて進化した姿を見せる必要があるのかな

これが何の伏線か。

解散は可能性低い、

だったら改名かな?

新曲と共に新センター、
これから心機一転頑張りますって無難なとこだろうか。

「重要なメッセージ」とは何?内容は解散?

「重要なメッセージ」の意味(内容)を巡り、ネット上では様々な予想合戦が繰り広げています。

その1つに「解散」が挙げられていました。

確かに、欅坂46はメンバーのスキャンダルが立て続けに起きており、決して良い印象ではありません。

平手 友梨奈さんの”脱退”や志田愛佳さんの熱愛報道などは、その最たる例です。

そのため、スキャンダルのイメージを払拭するためにも解散という可能性が浮上したというわけです。

ただ、「解散説」は少数派であり、大多数は「改名説」を支持しています。

いくらスキャンダルが多いといっても、欅坂46には根強いファンも多いため、即座に解散とはならないでしょう。

欅坂46が改名して「櫻坂46」になる?

ファンの間では欅坂46の改名説が最も多く支持されています。

その理由は次の通りです。

上記の通り、欅坂46はブログを一斉更新した直後から「ピンク」を全面に押し出しているのです。

冒頭で触れた”ある変化”とは、このことです。

これまで欅坂46のイメージカラーは「緑」でした。

その緑を払拭するかのようにピンク色を押し出しているため、「ピンク⇒桜⇒櫻」となり、最終的には「櫻坂46」への改名説が浮上したというわけです。

「桜」ではなく「櫻」と予想されている理由は、「櫻」の字画数に関係しています。

実は、「欅」と「櫻」は同じ字画数なのです。

そのため、ファンの間では「桜坂46」ではなく「櫻坂46」への改名が指摘されているというわけです。

ちなみに、実際の「けやき坂」の近くには「さくら坂」が実在しています。

イメージカラーがピンクになったことに加え、「さくら坂」が実在していることから、「櫻坂46」への改名説は真実味を帯びて拡散される事態になっているのです。

事実、「坂道グループ」を管理する団体によって「SAKURAZAKA46.COM」というドメインが既に取得されていました。

ただ、これはファンの予想(憶測)に過ぎず、単なる”こじつけ”という可能性も否定できません。

【7月17日追記】改名することが正式に発表される

7月16日に開催されたライブにて、欅坂46の「改名」が正式に発表されました。

ただ、この時点では改名後の名前は明らかにされていません。

ちなみに、改名の理由については、卒業生を含むメンバーの不祥事やスキャンダルが影響しているとされています。

だが一方で、
一部卒業生の“醜聞”が、
築き上げてきた欅坂46のブランドを傷つけたこともあった。

それに関連づけるなどして、
グループのゴシップを報じられたこともあった。

キャプテン菅井友香(24)も

「グループの名前が一人歩きして、
耳をふさぎたくなるようなことに悩まされたりもしました」

と打ち明けている。

※「日刊スポーツ」より引用
(2020年7月17日配信)

改名することが正式発表された今、ファンの間では「欅坂46の決別」を指摘する声が相次いでいます。

確かに、在籍するメンバーは変わらないため、これまでのイメージを刷新するのであれば、名前だけ改名しても意味がありません。

恐らく、これまでのロック路線から大きく転換すると思われます。

つまり、今回の改名を以て欅坂46は”消滅”することになるわけです。

スポンサーリンク