【死亡】ティモシー・ウィルクスのYouTubeチャンネルどこ?

時事

こんにちは。坊主です。

2021年2月10日、アメリカのYouTuberが死亡したことが報じられました。

死亡したのはティモシー・ウィルクスさんで、年齢(享年)は20歳でした。

補足

英語表記:Timothy Wilks

一体、ティモシーさん死亡の経緯は何だったのでしょうか?

ティモシー・ウィルクスYouTubeのイタズラ企画で死亡

ティモシーさん死亡の経緯について、「FINDERS」は次のように報じています。

20歳のYouTuberティモシー・ウィルクス氏は今月(2月)5日、
テネシー州ナッシュビルのファミリー向けトランポリン・アドベンチャー施設の駐車場で、
自身のYouTubeに投稿するためのイタズラ動画の撮影を行った。

その内容は、
ウィルクス氏とその友人らが肉切り包丁を持って、
通行人を恐喝するというもの。

ところが動画撮影中の9時20分頃、
恐喝された通行人グループの一人である23歳男性が身の危険を感じ発砲。

『WKRN』によると、
23歳男性は

「イタズラであることは知らなかった」

と供述。

現在まで起訴はされておらず、
警察は正当防衛に該当するか調査しているという。

(2021年2月10日配信)

上記の通り、ティモシーさんが死亡した原因は「イタズラ企画」でした。

日本でもイタズラ企画は視聴者に好評であるため、再生回数欲しさに数多くのYouTuberが参入。

その結果、イタズラ企画は飽和状態となり、内容が過激化しています。

こうした事態を受けて、日本では”迷惑系YouTuber”というジャンルも生まれており、逮捕者も出ているのです。

しかし、日本では一般市民が銃を携帯していることはないため、逮捕で済む場合が大半です。

ところが、アメリカは銃社会であるため、一般市民が護身のために銃を携帯することが許可されています。

そのため、今回のようなドッキリ企画は正に”命がけ”と言えます。

ただ、ティモシーさん本人は死亡するとは予想さえしていなかったことでしょう。

世間の反応

銃社会と知っていながら
よく相手を逆撫でする行為できるよ。

自然の流れ。

致し方ない。

街中で通行人を刃物を持って脅してたら
普通の人は恐怖を感じると思います。

正当防衛が成立すると思います。

結局のところ
正攻法で注目集められないから
安易な手で注目集めようとしてるんでしょ

この事件は正当防衛だよね

YouTubeチャンネルはどこ?特定は?

YouTuberとして活動していたティモシーさんですが、彼のチャンネルはどこにあるのでしょうか?

そこで、彼のYouTubeチャンネルを調べたところ、本人の動画およびアカウントは1件もヒットしなかったのです。

海外のメディアではティモシーさんのYouTubeチャンネルについて、「アクティブ(有効)なのか確認できていない」と報じられています。

It’s not clear whether his YouTube channel is still active.

※「https://www.the-sun.com/news/2292025/youtuber-timothy-wilks-shot-dead/」より引用

YouTube内を検索しても本人の動画およびアカウントがヒットしないことから、彼のチャンネルは既に削除されたと思われます。

低所得者区域の黒人をバカにしていた?

死亡したティモシーさんについて調べたところ、以下のツイートが確認されました。

このツイートでは、ティモシーさんについて「Pranking Black People In Low-Income Neighborhoods」と表現されています。

「In Low-Income Neighborhoods」とは「低所得者が居住する区域」を意味します。

つまり、ティモシーさんは、低所得者区域の黒人をバカにする動画を投稿していたと思われます。

事実、今回の一件で彼がドッキリ企画を行ったターゲットも黒人でした。

スポンサーリンク