【死亡】死去:木村花の死因はアンチの誹謗中傷?

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、プロレスラーの木村 花さんを取り上げます。

2020年5月23日、木村さんの死亡が報じられ世間の注目を集めています。

一体、死因は何だったのでしょうか?

木村花の死去(死亡)が報じられる

木村さんの死亡について「ENCOUNT」は次のように報じています。

女子プロレス「スターダム」に所属する木村花選手が23日に亡くなったことがわかった。

22歳だった。

同団体のホームページ(HP)で発表された。

HPでは

「【訃報】木村花逝去に関するお知らせ」

とのタイトルで亡くなったことを伝えている。

HPは

「当社所属選手
木村花選手が本日5月23日逝去いたしました。

突然のことでファンの皆様、
関係者の皆様には深いご心配と、
哀しみとなり、
大変申し訳ございません」

とした上で、

「詳細につきましては、
いまだ把握出来ていない部分もあり、
引き続き関係者間の調査に協力してまいります。」

「木村花選手のご冥福を深くお祈り申し上げます。

今後につきましてはご親族と相談の上、
お知らせいたします。

また他の所属選手の心のケアにも努めてまいります」

と説明している。

(2020年5月23日配信)

上記の通り、木村さんは22歳という若さで死去されました。

一体、死因は何だったのでしょうか?

世間の反応

ご冥福を祈ります

SNSなどの発展でコンテンツの供給側と享受側の距離が近くなり、
それで供給側のアプローチ効果が上がることは確かだが、
一方で享受側に混ざるアレな人々の悪意も供給側に届きやすくなってる

もちろん
そんなこと気にしてたらネットなんてできないってのもまた真理ではあるが、
結果的にはこのことが彼女を死に追いやった

スターダムやテラスハウスの製作元は彼女のメンタルに気を配るべきだったし、
NGTの時も思ったが
享受側が線を飛び越えてあまりにも度が過ぎるようだったら
すぐぶん殴れるような体制は
この2企業に限らずタレントを抱える事務所なり企業なりであれば整えておくべき

彼女は未来を担える人間だった

女子プロレス界は次代のスター候補を1人失った。

しかも業界全体を支え、
底上げできるような大スターになれる逸材を…

心よりご冥福をお祈りいたします。

続報を待ちたいと思います。

母親の木村響子選手もどれだけ悲しんでる事でしょう。

ご冥福をお祈りします。

死因は?アンチによる誹謗中傷?

現在のところ、木村さんの死因はについては明らかにされておらず、死亡の事実のみが伝えられています。

ただ、生前の彼女はアンチからの誹謗中傷に悩まされていたようです。

木村さんのTwitterにはアンチによる誹謗中傷が書き込まれていました。

実際の書き込みがこちらです。

恐らく、こうした誹謗中傷に心を痛めていたと思われます。

木村さんの死因については新しい情報が入り次第、追記します。

コスチューム事件でアンチが急増?

アンチが増える原因として指摘されているのが「コスチューム事件」です。

このコスチューム事件は、木村さんが出演している「テラスハウス」の中で起きたものです。

事件のきっかけは同居人である小林 快さんが、洗濯機に入れたままになっていていた木村さんの”試合用コスチューム”を気づかずに洗濯・乾燥してしまったのです。

そのため、コスチュームは縮んでしまい使い物にならなくなってしまいました。

これに木村さんが激怒したというわけです。

ショックを隠し切れない花をビビたちは必死に慰めようとするが、
何も言うことができない快に対し、
花は

「てめえが何か言えよ!」

がブチギレ。

「一緒に住むんだったら、
もっと人のこと考えて暮らせよ! 限界だよ!」

と声を荒らげ、

「京都のときからさ、
自分のことしか考えて行動してないじゃん」

と涙。

快はそれでもただ「ごめん」と謝ることしかできず
、怒りの収まらない花は

「ふざけた帽子被ってんじゃねえよ」

と快の被っていたキャップを放り投げ、去った。

※「シネマトゥデイ」より引用
(2020年3月31日配信)

確かに、洗濯機の中を確認しなかった小林さんにも落ち度がありました。

しかし、その一方で木村さんに対しても「大事なコスチュームなら何で洗濯機に入れたままなの?」という批判が向けられることになったのです。

また、一方的に激怒する姿が視聴者の反感を買い、これがきっかけでアンチが急増したと言われています。

死亡する直前、Twitterにリスカ画像をアップ?

木村さんの死亡が公式発表される前から、彼女の安否を気遣う声が多数上がっていました。

その理由は、彼女がTwitterに「リスカ」と思われる画像をアップしたからです。

このツイートおよび画像がきっかけとなり、ファンの間では安否を気遣う声が殺到していたというわけです。

スポンサーリンク