【死去】守屋浩:現在の家族↓結婚(再婚)して嫁+子供あり

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、歌手の守屋 浩さんを取り上げます。

補足

本名:守屋邦彦

「僕は泣いちっち」の大ヒットで知られる彼ですが、ここに来て突然の死去が報じられ世間の注目を集めています。

一体、死因は何だったのでしょうか?

歌手:守屋 浩が前立腺がんで死去

死去した守屋さんについて「スポニチアネックス」は次のように報じています。

「僕は泣いちっち」などのヒット曲で知られる歌手の守屋浩さんが19日午後7時ごろ、
静岡県内の施設で前立腺がんのため死去した。

81歳。

千葉県出身。

上記の通り、晩年の守屋さんは静岡県内の施設で生活していたようです。

ただ、「病院」とは報じられていないことから、この「施設」とは老人ホームなどの介護施設だと思われます。

世間の反応

「腹が減ったらおマンマ食べて、命尽きればあの世行き」

最近はチンドン屋を見かけなくなったから久しく思い出す事も無かったが、
この歌詞には戦後の力強さがあったと思う。

合掌。

私はこの方を創価学会の芸能界の第1号だと思ってます、

第2号がウララ~ウララ~のあの方だとおもってます、

葬式は学会で壮大に上げるんですか?

芸能界の学会さんは、全員勢揃いしますか、

見てみたいものです。

僕は泣いちっちは志村けんのだいじょうぶだぁでも流れた。

じいさんばあさんコントにて。

元嫁:本間千代子と離婚後に結婚(再婚)した?

守屋さんは1967年に歌手の本間 千代子さんと結婚しています。

しかし、最終的に2人は離婚しているのです。

守屋さんと離婚した本間さんは1976年に再婚。

再婚相手は、音楽プロデューサーの「ひのき しんじ」さんです。

上記の通り、元妻は既に再婚しており、家庭を築いています。

その一方で、守屋さんについては再婚に関する情報が一切ないのです。

冒頭の記事にもある通り、彼は施設で死去されています。

このことから、守屋さんは再婚することなく独身のまま死去されたのかもしれません。

追記

1976年に再婚していた。

詳細は次項にて記載。

現在の家族は?嫁+息子+娘あり

守屋さんの再婚については以下の情報が得られました。

私生活では67年に歌手の本間千代子と結婚。

75年離婚。

76年に一般女性と再婚し1男1女をもうけた。

※「スポニチアネックス」より引用
(2020年9月23日配信)

上記の通り、守屋さんは本間さんと離婚した翌年(1976年)に一般人の女性と再婚していたのです。

再婚相手との間には2人の子供(息子・娘)が誕生。

しかし、現在の妻や子供は一般人であるため、詳しい素性(名前・年齢・顔写真)は明らかにされていません。

スポンサーリンク