【死去】富田耕生:初代ドラえもんの声↓動画あり

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、声優の富田耕生(こうせい)さんを取り上げます。

補足

本名は富田耕吉。

2020年10月1日、富田さんの死去が報じられ世間の注目を集めています。

一体、死因は何だったのでしょうか?

声優:富田耕生が脳卒中で死去

富田さんの死去について「日刊スポーツ」は次のように報じています。

テレビアニメ「ドラえもん」の初代ドラえもん役を務めた声優の富田耕生さんが9月27日、
脳卒中のため自宅で死去したことが1日分かった。

84歳。

東京都出身。

1973年に日本テレビで放送されたアニメ「ドラえもん」でドラえもんの初代の声を務めたほか、
「平成天才バカボン」のバカボンのパパや
「名探偵コナン」の鈴木次郎吉、
手塚治虫作品に登場するヒゲオヤジなどを担当。

洋画の吹き替えやバラエティー番組のナレーションでも活躍した。

(2020年10月1日配信)

上記の通り、死因は「脳卒中」でした。

世間の反応

幻の日本テレビ版ドラえもん

リアルタイムで観たかったな…

大山さんか初代だと思ってたw

初代…富田耕生

2代目…野沢雅子

3代目…大山のぶ代

4代目…水田わさび

初代ドラえもんの声を担当↓動画あり

冒頭でも触れた通り、富田さんは「初代ドラえもん」の声を担当していました。

今でこそ「ドラえもん」は「テレビ朝日」で放送されていますが、かつては「日本テレビ」で放送されていたのです。

富田さんが担当していたのは”日テレ版”の「ドラえもん」です。

一体、彼が演じる「ドラえもん」はどんな声をしていたのでしょうか?

そこで、富田さんが演じる「初代ドラえもん」について調べたところ、以下の動画(声)が確認されたのです。

初代ドラえもん以外は女性の声優が演じているため、”男声”の「ドラえもん」は非常に貴重と言えます。

スポンサーリンク