【死去:死亡】坂本スミ子の娘↓元夫:栗原玲児との離婚理由

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、女優および歌手の坂本スミ子さんを取り上げます。

2021年1月23日、坂本さんの死去(死亡)が報じられ世間の注目を集めています。

一体、死因は何だったのでしょうか?

坂本スミ子が死去↓脳梗塞で死亡

坂本さんの死去(死亡)について「KYODO」は次のように報じています。

NHKのバラエティー番組「夢であいましょう」の主題歌を歌い、
映画「楢山節考」に主演した歌手で俳優の坂本スミ子さんが23日、
脳梗塞のため熊本市の病院で死去した。

84歳。

大阪市出身。

(2021年1月23日配信)

上記の通り、坂本さは脳梗塞により死亡していました。

世間の反応

楢山節考でだったと思いますが、
歯を抜いて役作りされていたことが印象に残っています。

今考えてもすごい役者魂だなと思います。

八面六臂にご活躍され、お疲れさまでした。

安らかにお眠り下さい。

もう84歳でしたか……

天寿を全うされたと思いますが、
私たち世代にとっては昭和のスターが次々と去っていく。

時が経てば当然なのですが、寂しいもんです。

ロバート・デ・ニーロさんや松田優作さんが役作りの為に奥歯を抜いて頬っぺたを老人の様に見せるたるませた事は有名ですが、坂本スミ子さんは全ての歯を抜きましたもんね。

その後の人生で不自由する事もあったと思いますが
役作りの為にそこまで、
しかも女性でやりきるって凄い方だったと思います。

ご冥福をお祈り致します。

元夫:栗原玲児との離婚理由

坂本さんは2度の結婚歴があります。

補足

最初の夫:栗原玲児(キャスター)

再婚相手:石井 禮次郎(皮膚科医)

最初の夫である栗原玲児さんの画像がこちらです。

2人は1966年に離婚していますが、その理由が衝撃的なものでした。

なんと、坂本さんが栗原さんが”同性愛者”だと告白したのです。

栗原側から「別れてくれ」と言われたことが離婚の原因で、
結婚後に

「栗原が同性愛者と気付いたが、
懸命に尽くしても結局無理だった」

と語った。

※「https://ja.wikipedia.org/wiki/坂本スミ子」より引用

しかし、栗原さんは1973年に再婚しており、その妻とは2人の子供をもうけています。

そのため、同性愛者という情報には検討の余地があると言えます。

娘:石井聖子の現在

最初の夫である栗原さんとの間には子供が生まれていません。

しかし、再婚相手である石井 禮次郎(れいじろう)さんとの間には娘が生まれているのです。

娘さんは石井聖子さんといい、かつては歌手として活動していました。

ただ、既に芸能界を引退しており、現在は父親が代表を務めていた会社「ドクターイシイコスメティックス」を引き継ぎ、社長として実業界で活躍しています。

スポンサーリンク