【死因】チョンミソン:夫+子供の画像↓プロフィールも

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、韓国の女優であるチョン・ミソンさんを取り上げます。

2019年6月29日、チョンさんは46歳という若さで死去されました。

本日(2020年6月29日)は彼女の1周忌であるため、大きな注目が集まっています。

一体、死因は何だったのでしょうか?

チョン・ミソンはホテルで死亡していた

チョンさんの死亡について「WoW!Korea」は次のように報じています。

女優チョン・ミソンさんがこの世を去って1周年になる日だ。

彼女はまだ仲間たちとファンの記憶の中に残っている。

故チョン・ミソンさんは、
昨年(2019年)6月29日午前、
ホテルの部屋で死亡したまま発見された。

マネージャーの通報で救急隊が出動したが、
すでにチョン・ミソンは死亡していた。

警察はホテルで死体を検案し、
遺書は発見されなかった。

1周忌が迫ってくると、
チョン・ミソンさんと友情を交わした同僚俳優たちがSNSで懐かしさを表現した。

(2020年6月29日配信)

上記の通り、チョンさんはホテルの自室で死亡している状態で発見されました。

遺書は確認されていないとのことですが、死因は何だったのでしょうか?

世間の反応

主役級ではないけれど、
たくさんの作品に出演され成功されていた女優さんだったのに。

同僚や後輩に追悼されて傍から見たら幸せな人生だろうと思っても
ご本人は違ったんですね。

柔らかい透明感のある女性で、
これからの役どころもたくさんあったと思うのに残念です。

出演された作品は永遠に生き続けるので、
私は忘れることはないです。

大好きな女優さんです。

過去形じゃないのは、
いまでも沢山の作品に主要な役として出られているから。

ファンジニ、製パン王キムタックのお母さんは厳しくも愛情深い役でしたね。

そう、この方は指導者であれ親であれ
厳しくも愛情溢れる役ばかりだったように思います。

毎回主役と言うような女優さんでは無かったものの、
本当に素敵な演者さんでした。

この国の、
安易な選択は何とかならんものか。。。

死因は?

チョンさんの死因は何だったのでしょうか?

そこで、死因について当時の報道を確認したところ、以下の記事がヒットしたのです。

客室で遺書は見つからず、
外部からの侵入跡や事件性はないと見ている警察は、
チョン・ミソンが極端な選択をしたものと見て、
経緯を調査している。

※「スポーツソウル」より引用
(2019年6月29日配信)

上記の通り、警察は事件性がないことから「死因=極端な選択」と判断したようです。

ただ、肝心の遺書が遺されていないため、極端な選択をした理由までは不明です。

しかし、チョンさんは自身を取り巻く状況が原因で悲観的となり、周囲に”抑うつ感”を訴えていたようです。

チョン・ミソンは最近、
家族の中の1人と死別し、
母親も病床にあるため、
周囲に憂うつ感を訴えたという。

※同上より引用

女優としては一定の成功を収めていたものの、私生活のチョンさんは決して恵まれていたわけではないようです。

家族(夫・子供)の画像は?プロフィールあり

チョンさんの私生活を調べたところ、既に結婚しており、夫と子供(息子)に恵まれていたことが分かりました。

夫の名前は「パク・サンフン」さんといい、映画監督を務めています。

彼女のプロフィールがこちらです。

名 前: チョン・ミソン (Jeon MiSeon)

ハングル表記: 전미선

生年月日: 1970年 12月 7日

没年月日: 2019年 6月 29日

カテゴリ: 女優

デビュー: 1989年KBS<土地>

学 歴: ソウル芸術大学放送芸能科

家族: 夫パク・サンフン監督、息子

血液型: A型

干支(えと): 戌年

星座: いて座

趣味/特技: 古典舞踊

韓国の所属事務所: ボアスエンターテインメント

※「http://www.wowkorea.jp/profile/100817.html」より引用

旦那さんの画像がこちらです。

ちなみに、息子さんの名前については「パク・セヨン」という情報が得られました。

ただ、息子さんの顔写真は公開されていません。

3人家族だったチョンさんですが、以下のプロフィールには「離婚歴」が掲載されています。

※「http://www.hf.rim.or.jp/~t-sanjin/chonmison_p.html」より引用

上記の通り、現在の夫であるパクさんと結婚する以前に、チョンさんは建築家のキム・ボムチャンさんと結婚していたと記載されているのです。

つまり、彼女には離婚歴があることになります。

ただ、このサイトにも表記されているように、キムさんとの結婚は「未確認」であり、確証はないようです。

スポンサーリンク