【死因】元祖おねえ:きよ彦が死去!病気(癌+脳梗塞)や嫁+娘の現在

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、着物デザイナーの「きよ彦」さんを取り上げます。

着物デザイナーに加え、料理研究家としても活躍している彼ですが、ここに来て突然の訃報が報じられ世間の注目を集めています。

一体、「きよ彦」さんの死因は何だったのでしょうか?

きよ彦が死去!死因は病気(癌or脳梗塞)だった?

「きよ彦」さんの死去について「サンケイスポーツ」は次のように報じています。

毒舌キャラクターで人気を博した着物デザイナーで料理研究家、きよ彦さんが
先月(10月)28日午前1時55分に病院で死去していたことが1日、分かった。

69歳だった。

死因は不明だが、
脳梗塞の疑いがあるという。

3日に近親者で密葬を行い、
喪主は長女が務める。

(2019年11月1日配信)

上記の通り、「きよ彦」さんは、去る2019年10月28日に死去されていました。

死去後、直ちに公表されなかったのは本人や家族の意向が関係しているのかもしれません。

気になる死因については公表されていませんが、「脳梗塞」の疑いがあるようです。

実は、晩年の彼は病気を患っており、闘病生活を強いられていたのです。

所属事務所によると、
きよ彦さんは一昨年(2017年)末に喉から食道の入り口にかけて発生する「下いん頭がん」ステージ4と宣告され、
以降、闘病生活を送っていた。

その後、手術を受けて寛解し、
退院したが、今夏に出血して再入院。

再び手術を受けて復帰を目指していた。

所属事務所によると、「きよ彦」さんは「咽頭がん」を患っており、ステージ4と診断されていたのです。

手術により寛解(かんかい)しましたが、これは「完治」したという意味ではありません。

寛解とは、病気の症状が一時期に軽減した状態を指す言葉です。

死因については新しい情報が入り次第、追記します。

世間の反応

「きよ彦さん死去ってマジ!?!?」

「きよ彦さん亡くなったんか…
死因は何の病気だったのかな?」

「死因は不明とのことだが…
どうぞ安らかに…」

嫁は既に死去!死因は?

サンケイスポーツによると、喪主を務めるのは娘さん(長女)のようです。

一般的に、喪主を務めるのは故人に最も近しい人間とされています。

「きよ彦」さんの場合で言えば、「配偶者」(=奥さん)が該当します。

一体なぜ、奥さんが喪主ではないのでしょうか?

そこで、「きよ彦」さんの妻について調べたところ、48歳という若さで死去されていることが分かったのです。

20歳の時結婚したが、
娘さんが大学に行く前に奥様は48歳で急死

娘の喪失感を考えるとNOは言えず、
毎日弁当を作り続ける。

※「.net.amigo」より引用
(2012年1月28日公開)

上記の通り、「きよ彦」さんは20歳の時に奥さんと結婚しました。

しかし、奥さんは48歳の時に「動脈瘤」で亡くなってしまったのです。

実は、現在でこそ料理研究家として活動している「きよ彦」さんですが、妻が亡くなるまで台所に立ったことがありませんでした。

しかし、娘の弁当を作るために料理を始めたことがきっかけとなって、彼はプロの料理人に転身したのです。

ちなみに、奥さんは一般人であるため、詳しい素性(名前・顔写真)は公表されていませんでした。

娘(長女)の名前や画像は?現在は?

娘さんも一般人であるため、詳しい素性(名前・顔写真)は公表されていません。

しかし、年齢については2012年の時点で38歳という情報が確認されました。

現在「まめ彦」という家庭料理店を経営しているきよ彦には、
38歳になる1人娘がいるという。

きよ彦は、妻を動脈瘤で亡くしたときから、
自分が娘の母親代わりになることに決めたことや、
そのお陰で包丁を握る機会が増え、
店を開くまでに料理の腕が上がったことを語った。

※「ありえへん∞世界」より引用
(2012年9月4日放送)

つまり、2019年現在の年齢は45歳だと思われます。

ちなみに、娘さんは2010年に結婚しているようです。

娘さんは3年前に結婚。

※※「.net.amigo」より引用
(2012年1月28日公開)

2010年に結婚していることから、現在では既に子供にも恵まれていると思われます。

おねえ疑惑は本当?

現在では珍しくなくなった「おねえキャラ」ですが、「きよ彦」さんは”おねえキャラの元祖”とされています。

見た目は男性なのに女性らしい言動で一世を風靡したものの、彼は心まで「おねえ」というわけではありません。

その証拠に、彼は女性と結婚しており、娘さんに恵まれています。

もし、彼は「おねえキャラ」ではなく「おねえ」であれば、現在も独身でいるでしょう。

スポンサードリンク

最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございます!