【死因:コロナ】死去:サイバーエボ滝沢雅道の年齢

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、歯医者の滝沢雅道さんを取り上げます。

歯医者でありながら、車のチューナーでもある滝沢さんは「サイバーエボ滝沢」とも呼ばれています。

車好きには有名な滝沢さんですが、ここに来て突然の死去が報じられ世間の注目を集めています。

一体、死因は何だったのでしょうか?

サイバーエボ:滝沢雅道が死去

滝沢さんの死去についてTwitterでは以下の声が確認されています。

現在のところ、滝沢さんの死去が公式に発表されたわけではありません。

しかし、Twitter上には彼の死を悼む声が多数上がっていることから、これは誤報ではないようです。

死因はコロナ

滝沢さんの死因について調べたところ、以下のブログが確認されました。

コロナが憎い

突如入った連絡で身体が凍りつきました。

とうとう、知り合いが・・

ありがとうございました。

サイバーエボ滝沢さん、御冥福をお祈りします。

※「https://ameblo.jp/globalauto-osaka/entry-12673909942.html」より引用

上記の通り、このブログでは「コロナが憎い」というタイトルで投稿されていました。

滝沢さんの死因について直接的な記述こそないものの、「コロナが憎い」というタイトルから察するに、死因は新型コロナウイルス感染症だと思われます。

年齢は何歳?

新型コロナウイルス感染症で死去した滝沢さんですが、一体、年齢は何歳だったのでしょうか?

そこで、彼の年齢(享年)について調べてみたものの、詳しい情報は得られなかったのです。

新型コロナウイルスは高齢者の方がハイリスクとされています。

そのため、滝沢さんもそれなりの年齢であれば、”ハイリスク群”だったのかもしれません。

スポンサーリンク