【死因:何癌?】死去:ヴァンヘイレンの病名が判明↓

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、世界的ギタリストであるヴァン・ヘイレンさんを取り上げます。

2020年10月7日、ヴァン・ヘイレンさんの死去が報じられ世間の注目を集めています。

一体、死因は何だったのでしょうか?

ヴァン・ヘイレンが癌で死去

死去したヴァン・ヘイレンさんについて「AFP」は次のように報じています。

ハードロック界を代表する米バンド、ヴァン・ヘイレン(Van Halen)を率いたギタリストのエディ・ヴァン・ヘイレン(Eddie Van Halen)さんが6日、がんとの闘病の末、死去した。

65歳。

息子のウルフ(Wolf Van Halen)さんが発表した。

ウルフさんはツイッター(Twitter)への投稿で父エディさんの訃報を発表。

「最高の父親だった。

オンステージ、オフステージで一緒に過ごした全ての時間が贈り物だった」

と追悼し、

「この死から完全に立ち直れるとは思えない。
本当に大好きだよ、パパ」

とつづった。

※「https://www.afpbb.com/articles/-/3308515」より引用

上記の通り、生前のヴァン・ヘイレンさんが癌と闘病していたのです。

具体的な死因こそ記載されていませんが、生前に闘病していた癌が直接の死因だと思われます。

一体、彼は何癌を患っていたのでしょうか?

世間の反応

えー!ヴァンヘイレンマジか! R.I.P

エディ・ヴァンヘイレンまじか… 信じられない…

永遠の憧れなんだよ!!!!

ヴァンヘイレン亡くなったんは悲しすぎる

死因は何癌?病名は咽頭癌と判明

冒頭の記事ではヴァン・ヘイレンさんの死因や癌については詳細が記載されていませんでした。

そこで、彼の死因について調べたところ、海外のメディアより以下の情報が得られたのです。

The legendary guitarist and founder of Van Halen had battled throat cancer for ten years.

※「https://www.mirror.co.uk/3am/celebrity-news/breaking-eddie-van-halen-dead-22803601」より引用

上記の通り、彼が患っていた癌は「throat cancer」(咽頭癌)でした。

闘病機関は「10年」と記されているため、2010年頃から咽頭癌と闘病していたことになります。

恐らく、直接の死因は咽頭癌だと思われます。

咽頭癌には以下の3種類が存在しており、種類によって5年間の生存率が異なっています。

3つの咽頭癌

(1)上咽頭癌
[5年生存率]
40%前後

(2)中咽頭癌
[5年生存率]
ステージ1~2は50~70%前後

(3)下咽頭癌
[5年生存率]
ステージ1は70~80%
ステージ2は50~60%
ただし、早期に発見されることが少ないため、平均では20~40%

※「https://www.ogaki-mh.jp/gankyoten/cancer/intou.html」参照

スポンサーリンク