【死因:何癌】野良犬の犬:cocoが死去↓年齢+本名は?

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、漫画家のcocoさんを取り上げます。

2021年3月7日、「野良犬の犬」の作者であるcocoさんの死去が報じられ世間の注目を集めています。

一体、死因は何だったのでしょうか?

野良犬の犬:coco(漫画家)が死去していた

cocoさんに死去について「日刊スポーツ」は次のように報じています。

漫画家のcocoさんが、亡くなっていたことがわかった。

出版社のイースト・プレスは7日までに公式サイトで、

「令和3年1月15日に漫画家のcoco先生がご病気のため逝去されました」

と伝え、

「弊社では『野良犬の犬』を刊行し、
『エリート捜査官のふらちなあやまち』を連載され、
圧倒的な画力と細部までこだわり抜かれたストーリーで魅了し、
楽しませてくださいました。

coco先生とのお別れはあまりに早く残念でなりません。
読者の皆様におかれましては、
coco先生の作品をご愛読いただきましたこと、
誠に深謝申し上げます。

編集部一同、
ご冥福を心よりお祈りいたします」

と悼んだ。

※「https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202103070000223.html」より引用

上記の通り、cocoさんは2021年1月15日に死去されていたのです。

しかし、公式発表では具体的な死因については一切言及されていません。

一体、死因は何だったのでしょうか?

世間の反応

突然の事に驚いております。

coco先生の作品は勿論、
普段の明るい文章からも素晴らしいお人柄だとお慕いしておりました。

とても悲しいですが、ゆっくりお休み下さい。

ご冥福をお祈り致します。

訃報に、ただ、ただ驚いております

心よりお悔やみ申し上げます

突然の訃報に只々驚き言葉が見つかりません…。

coco様の描く漫画にときめき、癒され、時に心揺さぶられました。

同人誌時代よりメジャーデビューなさってからも応援しておりました。

ご冥福をお祈りいたします。

死因は何癌?

cocoさんの死因について調べたところ、癌を患っていたことが分かりました。

上記の通り、cocoさんは2020年中に癌の手術を受けていたのです。

恐らく、死因は癌だと思われます。

また、以下のツイートによると、2020年3月の時点で入院していたようです。

ただ、cocoさんのツイートを遡っても、病名は明らかにされていないため、何癌を患っていたのかは不明なのです。

年齢+本名は?

cocoさんのプロフィールはほとんど公表されておらず、年齢や本名はおろか性別(素顔)すら不明です。

ただ、cocoさんはBL作品を手掛けているため、恐らくは女性だと思われます。

Twitterの文面からも女性である様子が窺えます。

cocoさんのプロフィールについて情報をお持ちの方はコメント欄よりお知らせ下さい。

スポンサーリンク