【死因+本名】死去:まつもと泉が結婚した嫁↓子供はいる?

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、漫画家の「まつもと泉」さんを取り上げます。

「きまぐれオレンジロード」の作品で知られる彼ですが、ここに来て突然の死去が報じられ世間の注目を集めています。

一体、死因は何だったのでしょうか?

まつもと泉が死去↓死因は?

泉さんの死去について「デイリー」は次のように報じています。

1980年代に「週刊少年ジャンプ」に連載された人気マンガ「きまぐれオレンジ☆ロード」などを手がけた漫画家・まつもと泉さんが10月6日に亡くなっていたことが13日、分かった。

61歳。

(公式サイトの)文書によると、
まつもとさんは近年、「脳脊髄液減少症」を患っていた。

脳と脊髄の周りを満たす髄液が少なくなることにより、
頭痛、めまい、首の痛み、
耳鳴り、視力低下、全身倦怠(けんたい)感など「不定愁訴」と言われるさまざまな症状を伴う病気だった。

仕事復帰への意欲に燃えて闘病を続けていたが、
数年前に心臓の手術も受けており、

「残念ながら身体が保たなかったようです」

とした。

医師からは

「苦しむことなく睡眠中にそのまま安らかに旅立った」

と伝えられたという。

すでに近親者のみで葬儀は済ませており、

「お供えやご香典はご辞退いただきたくお願い申し上げます」

と報告した。

(2020年10月13日配信)

上記の通り、泉さんは「脳脊髄液減少症」という持病と闘いながら天寿を全うされました。

ただ、脳脊髄液減少症は以前から患っているため、これが直接の死因ではないと思われます。

そこで、直接の死因について調べてみたものの、現在の時点では具体的な病名は挙げられていなかったのです。

詳しい死因については新しい情報が入り次第、追記します。

世間の反応

「きまぐれオレンジ☆ロード」の鮎川まどかは、
子供心に見てもドキドキする女性キャラクターでした。

しかし、61歳は若すぎますね。

ご冥福をお祈りします。

「きまぐれオレンジロード」は中学生のころジャンプの青春の漫画でした。

映画も観て、まさに青春の一ページ。

なんだか、
自分達が好きだった漫画の作者もご逝去されるとショック。

謹んでご冥福をお祈りします。

ジャンプの歴代No.1ヒロインの名を挙げるとしたら、
未だに鮎川まどかを推す人も多い。

ご冥福をお祈りします。

結婚して嫁あり↓子供はいる?

泉さんの私生活を調べたところ、1962年に結婚していたことが分かりました。

62年、お見合いで4歳下の故郷・富山の女性と結婚。

町田市内のマンションに2人暮らし。

※「http://repunk608.blog107.fc2.com/blog-entry-1.html」より引用

奥さんは4歳年下ということから、2020年現在の年齢は57歳と推定されます。

ただ、家族について調べてみても子供(息子・娘)に関する情報は一切ヒットしないのです。

恐らく、子供はいなかったと思われます。

本名は?

「まつもと泉」はペンネームであり、本名ではありません。

そこで、本名について調べたところ、「寺嶋一弥」および「守嶋一弥」の情報が確認されたのです。

■「寺嶋一弥」説

まつもと 泉

本名:寺嶋 一弥(てらしま かずや)

※「https://ja.wikipedia.org/wiki/まつもと泉」より引用

■「守嶋一弥」説

まつもと 泉(まつもと いずみ、1958年10月13日 – )は、日本の漫画家。

本名は守嶋 一弥。

※「https://japan.fandom.com/ja/wiki/まつもと泉#cite_note-38」より引用

2つの名前が本名として挙がっている泉さんですが、現在の時点では、どちらも裏付けが取れていません。

彼の本名について情報をお持ちの方はコメント欄よりお知らせ下さい。

スポンサーリンク