【死因:病気?】死去:半藤一利の家族↓自宅住所はどこ?

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、作家の半藤一利(はんどう かずとし)さんを取り上げます。

「ノモンハンの夏」などの著作で知られる半藤さんですが、ここに来て突然の死去が報じられ世間の注目を集めています。

一体、死因は何だったのでしょうか?

半藤一利が自宅で死去

半藤さんの死去について「KYODO」は次のように報じています。

「日本のいちばん長い日」などの著作で知られる作家の半藤一利さんが12日午後、
東京都世田谷区の自宅で倒れているのが見つかり、
死亡が確認された。

関係者への取材で分かった。

90歳。

東京都出身。

(2021年1月13日配信)

上記の通り、半藤さんは世田谷区の自宅で死去されていました。

ただ、具体的な死因については一切言及されていません。

一体、死因は何だったのでしょうか?

世間の反応

このような時代だからこそ日本人が生きていくための提言をして欲しかったです。

ご冥福をお祈りいたします。

半藤先生の歯切れの良い歴史探偵は、
とても勉強になりました。

これからも何回も再読させて頂きます。

ご冥福をお祈り申し上げます。

謹んでご冥福お祈りいたします。

昭和史は半籐さんの書籍で学んだと思っております。

学校では教えない事など大変勉強になりました。

また昭和の生き証人がいなくなり残念です!

死因は病気?【追記あり】

自宅で倒れていた半藤さんですが、死因は何だったのでしょうか?

そこで、死因について調べてみたものの、どのメディアも死因については報じていないことが分かったのです。

恐らく、死因が解明されていないか、もしくはマスコミ関係者に死因が公表されていないと思われます。

ただ、90歳という年齢を考えれば、何かしらの病気(持病)を患っていた可能性は十分に考えられます。

しかし、「死因=病気」ではないケースもあり得ます。

というのも、妻が執筆したエッセイには、半藤さんが自宅前で転倒したエピソードが掲載されていたからです。

・酔っ払った夫が、自宅前で転倒!

※「https://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-76109-1」より引用

つまり、今回の一件は病死ではなく、転倒による事故だった可能性もあるのです。

もし転倒による事故であれば、死因は「脳挫傷」や「外傷性くも膜下出血」などが挙げられます。

半藤さんの死因については新しい情報が入り次第、追記します。

追記

死因は老衰。

世田谷区の自宅はどこ?

冒頭でも触れた通り、半藤さんの自宅は世田谷区にあります。

一体、自宅の住所はどこなのでしょうか?

そこで、自宅住所について調べてみましたが、具体的な場所は公開されていませんでした。

匿名掲示板やSNSでも住所に関するリークは一切ないため、自宅の場所は特定されていません。

ただ、半藤さんの自宅には、膨大な書籍を保管している”書庫”があるため、それなりに大きい邸宅だと思われます。

参照先

https://www.asahi.com/topics/word/半藤一利.html

家族:嫁や子供は?

先述した通り、半藤さんには奥さんがいます。

妻の名前は「末利子」さんといい、随筆家として活動しています。

実は、末利子さんの祖父は夏目漱石なのです。

末利子さんは4人兄弟の末っ子(四女)で、彼女の家族には「漫画家」や「歌手」「実業家」など、才覚あふれる人間が多数存在しています。

末利子さんの家系図がこちらです。

上図の通り、半藤さんと末利子さんの間には子供が生まれていないようです。

スポンサーリンク