【死因:癌?】サチモスHSU(小杉隼太)が小田急電車に飛び込み?

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、ロックバンド「Suchmos」(サチモス)のHSU(スー)さんを取り上げます。

2021年10月15日、HSUこと小杉隼太さんの死去が報じられ世間の注目を集めています。

一体、HSUさんの死因は何だったのでしょうか?

Suchmos(サチモス)のHSU(小杉隼太)が32歳で死去

HSUさんの死去について「デイリー」は次のように報じています。

ロックバンド「Suchmos」のベーシスト、HSUこと小杉隼太さんが死去したことが15日、
バンドの公式サイトで発表された。

葬儀は遺族の意向により、
近親者のみで執り行われたという。

(2021年10月16日配信)

報道によると、HSUさんは32歳という若さで死去したようです。

しかし、死因については詳細が明らかにされていないのです。

一体、HSUさんの死因は何だったのでしょうか?

世間の反応

32才はあまりにも早い…。

人生で一番力が漲って楽しい時期なのに。

ご冥福を。

すーさん、かなりショックです。

ご冥福をお祈りします。

まだ30代前半の若い方が癌で亡くなってしまうのはショックですね。

ご冥福をお祈りします。

死因(1)腫瘍は癌だった?

HSUさんの死因は公表されていませんが、ネット上では「癌ではないか?」という声が上がっています。

その理由は、彼が2019年に腫瘍を摘出していたからです。

この腫瘍と言う言葉から癌が連想され、今回の「死因=癌」説が浮上したというわけです。

ただ、腫瘍の摘出こそ事実ですが、それが何の腫瘍なのか明らかにされていません。

ネット上では癌の再発や転移などにも言及されていますが、そうした事実は確認されていないことに注意が必要です。

死因(2)小田急の電車に飛び込み?遺書は?

HSUさんの死因として癌の次に指摘されているのが「自×」です。

実は、2021年10月7日に”音楽家の男性”(32歳)が小田急の電車に飛び込んでいるのです。

問題の記事がこちらです。

7日午前7時10分ごろ、
相模原市南区東林間5丁目の小田急江ノ島線の東林間─中央林間間で、
同区在住の音楽家の男性(32)が藤沢発新宿行きの急行電車にひかれ、死亡した。

※「カナコロ」より引用
(2021年10月7日配信)

死亡した音楽家の男性は32歳で、この年齢はHSUさんと一致しています。

さらに、HSUさんは10月8日のライブ出演を急きょキャンセルしていたのです。

https://twitter.com/378_HKR/status/1446448561978101761

10月7日に音楽家の男性が電車の飛び込んでおり、HSUさんはその翌日(8日)のライブをキャンセルしています。

この2人が同一人物だという確証はないものの、偶然にしては出来過ぎていると思っても仕方ないでしょう。

https://twitter.com/pattori2000/status/1449015983927005199

ただ、これはネット上の憶測に過ぎないため、「死因=自×」説を真実として流布することは厳に慎むべきです。

事実、HSUさんの死去に際して遺書の存在は一切触れられていないのです。

彼の死については新しい情報が入り次第、追記します。

スポンサーリンク