【死因:癌?】吾妻ひでお死去!嫁+息子+娘の名前や画像は?

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、漫画家の「吾妻ひでお」さんを取り上げます。

「失踪日記」などの代表作で知られる彼ですが、ここに来て突然の訃報が報じられ世間の注目を集めています。

一体、吾妻さんの死因は何だったのでしょうか?

吾妻ひでおが死去

吾妻さんの死去について「KYODO」は次のように報じています。

「失踪日記」で知られる漫画家の吾妻ひでおさんが13日、
東京都内の病院で死去した。

69歳。

北海道出身。

(2019年10月21日配信)

上記の通り、彼は都内の病院で死去されました。

69歳で死去された吾妻さんですが、同紙の報道では具体的な死因については言及されていません。

そこで、現在の様子を調べたところ、”ある病気”を患っていたことが分かったのです。

死因は癌?

吾妻さんのTwitterを調べたところ、なんと「癌」を患っていたことが分かったのです。

彼が食道癌を公表したのは2017年3月。

公表当時は病院に入院中でしたが、5月には胃の切除手術を終え、自宅療養中であることをツイートしていました。

しかし、死去したのは病院であることから、再び容態が悪化したのかもしれません。

現在のところ、具体的な死因は公表されていませんが、恐らくは癌だと思われます。

世間の反応

「アル中病棟」は酒飲みの自分には戒めの良書でした。

ありがとうございました。

寂しいです。

逆にあの人生を送って69歳まで生きられたことが凄い。

なんだかんだエネルギーあったんやなぁ。

ご冥福をお祈りします。

食道癌だったのですね。

闘病お疲れ様でした。

近年はうつ病とアル中の実態を、
極力暗くならないタッチで伝えておられたのが印象的でした。

患者だけでなく、
周囲で支える家族にも助けになっていたことと思います。

ご冥福をお祈り申し上げます。

妻や子供(息子・娘)の画像は?

報道によると、吾妻さんの葬儀は家族などの近親者のみで執り行われたようです。

そこで、家族について調査したところ、2人の子供(息子・娘)の存在が確認されたのです。

■妻と息子

一方、吾妻の場合は、
躁鬱病をまぎらわせるために習慣飲酒となり、
酩酊しながら仕事をするように。

ついには朝起きてすぐにお酒を飲むという連続飲酒となった。

こうした生活を1年も続けたところ幻覚と幻聴がはじまり、
息子に抱えられて強制入院。

タクシーの中で

「俺の酒はどこだ!」

と叫んでいたそうだ。

断酒に成功した今でこそ笑って話せる話だが、
当時の家族は必死の思いだっただろう。

※「ダ・ヴィンチニュース」より引用
(2013年7月13日掲載)

■娘

※「iCharlotteblueの備忘録(新)」より引用
(2013年9月7日公開)

ただ、判明したのは家族構成のみであり、詳しい素性(名前・年齢・顔写真)までは公表されていませんでした。

妻は元アシスタント

奥さんについて調べたところ、吾妻さんのアシスタントを務めていたことが分かりました。

主人公にして作者の吾妻ひでおの妻。

本名・年齢は記されていない。

1973年に吾妻と結婚し、
1男1女をもうけている。

結婚当初は吾妻の漫画のアシスタントをしていた。

吾妻失踪後、
またアシスタントに戻る。

※「マンガペディア」より引用

自身の半生を綴った作品「アル中病棟」では実際の家族を登場させていた吾妻さんですが、その中でも名前や年齢などのプロフィールは全て非公表でした。

このことから、家族の素性を知る人間は近しい人間のみに限られると思われます。

スポンサードリンク

最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございます!