【死因:脳腫瘍】マリーフレデリクソンが癌で死去!旦那+子供の画像も

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、ミュージシャンさんの「マリー・フレデリクソン」さんを取り上げます。

スウェーデンのポップバンド「ロクセット」のボーカルを務める彼女ですが、ここに来て突然の訃報が報じられ世間の注目を集めています。

一体、マリーさんの死因は何だったのでしょうか?

ロクセット:マリー・フレデリクソンが死去

マリーさんの死去について「JIJI.COM」は次のように報じています。

(スウェーデンの人気ポップバンド「ロクセット」ボーカル)
マリー・フレデリクソンさん
9日死去、61歳。

がんを患い17年間闘病していたという。

バンドのマネジメント会社が10日公表した。

(2019年12月11日配信)

上記の通り、彼女は「癌」により死去されました。

ただ、同紙の報道では癌の種類については言及されていません。

一体、マリーさんんは何癌を患っていたのでしょうか?

死因は何癌?

17年間もの長期に亘って闘病を続けていたマリーさんですが、癌の種類については「脳腫瘍」だったことが分かりました。

2児の母でもあるフレデリクソンさんは、
長期にわたるがんとの闘病の末、9日に亡くなった。

2002年に脳腫瘍と診断されたが回復し、
数年後には音楽界に復帰。

だが2016年までに病状が悪化し、
医師らから公演活動を中止するよう助言されていた。

※「AFP」より引用
(2019年12月11日配信)

彼女は脳腫瘍と診断されてからもステージに立ち続け、最期まで「ロクセットのボーカル」で在り続けたのです。

世間の反応

たしか、
デビューシングルのThe Lookは「初めてCDだけの販売で全米Number1になった曲」だったと思います。

それまではドーナツ盤も販売していました。

久々にベスト盤を聴くとするか…

闘病生活、大変だったと思います。

ご冥福をお祈りします。

ABBAと並ぶスウェーデンを代表するアーティストだと思います。

映画「Pretty Woman」の挿入歌になった「It Must Have Been Love」や「Joyride」が好きでした。

素晴らしいヴォーカリストだったのに…

今夜久しぶりに聴いてみます。

R.I.P.

また来日して欲しかったなあ。

スリープ・イン・マイ・カーの8センチシングルCDは未だに大切にしています。

家族(旦那・子供)の画像あり

マリーさんは既に結婚しており、私生活では2人の子供(息子・娘)を持つ母親でもあります。

夫および子供の画像がこちらです。

息子さんは過去にステージ上でギターの演奏を披露しており、親子で共演を果たしています。

スポンサードリンク

最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございます!