【沢尻エリカの友達】次の逮捕者:モデルでタレントのK+女優Mは誰?名前は?

時事

こんにちは。坊主です。

2019年11月16日、女優の沢尻エリカ容疑者が合成麻薬(MDMA)を所持していた容疑で現行犯逮捕されました。

彼女は以前から薬物使用の容疑が浮上していましたが、逮捕のきっかけは警視庁へのタレコミだったようです。

現在の時点ではMDMAの入手経路は解明されていないものの、警視庁は彼女の背後に犯罪組織がいる可能性も視野に入れて捜査を進めています。

そんな中、ネット上では沢尻容疑者の「友達」にも疑惑の目が向けられています。

というのも、ジャーナリストの渡邉裕二氏が次の逮捕者として”ある2人”を例に挙げたからです。

一体、この友達2人は誰なのでしょうか?

次の逮捕者は沢尻エリカの友達?

沢尻容疑者の次に逮捕される人物として渡邉氏は次のように報じています。

「沢尻の薬物ルートで一部は、
既に判明している部分があります。

と言うことは、
次の逮捕者が出てくると可能性が高い。」

「名前の挙がっているところではモデルでタレントとしても活躍しているK
女優のMなどです。」

2人とも沢尻と交流があるので疑われるのは当然ですが、
以前から薬物疑惑があり
既に内偵捜査も入っていると聞いています。」

「薬物の場合は、
とにかく現行犯逮捕に限られるので慎重に行わなければなりませんが。

いずれにしても、
薬物捜査に関しては組対もマトリに対抗していますからね」
(警視庁の内部に詳しい関係者)。

今年(2019年)も残るところ40日。

芸能界からさらなる薬物逮捕者が出てくる可能性は高い。

(2019年11月17日配信)

上記の通り、次の逮捕者として名前が挙がっている友達は「K」「M」でした。

一体、この2人は誰なのでしょうか?

次の逮捕者(1)「モデルでタレントのK」は誰?

次の逮捕者として名前が挙がっているKは、「モデル」で「タレント」のようです。

このヒントを元にネット上では予想合戦が繰り広げられており、”ある人物”の名前が挙がっていました。

それが片瀬那奈さんです。

実は、片瀬さんと沢尻容疑者は公私に亘って親交がある”親友同士”だったのです。

過去にはダブルデートの現場をスクープされているため、沢尻容疑者が片瀬さんを特別視していることは間違いありません。

ただ、片瀬さんの名前が挙がった理由はこれだけではありません。

実は、片瀬さんにも薬の疑惑が指摘されていたというのです。

※「しろくま雑多ブログ」より引用
(2019年11月16日公開)

また、片瀬さんの「滑舌」が悪いことも薬疑惑に拍車をかけているようです。

しかし、上記の内容は全て憶測に基づくものであり、確固たる証拠は何一つありません。

沢尻容疑者の場合は、逮捕以前から薬物使用の疑惑が”実名”で報じられていました。

これに対し、片瀬さんの場合は”実名”での薬疑惑は1度もスクープされていないのです。

そのため、状況証拠だけで「次の逮捕者=片瀬那奈」と”断定”する行為は彼女の名誉を毀損することになります。

過去にも、無関係な女性を「ガラケー女」として拡散させた豊田市議が提訴されています。

片瀬さんが薬物を使用していたという”事実”は一切ないため、彼女が逮捕される謂れは一切ありません。

次の逮捕者(2)「女優M」は誰?

Kに続き次の逮捕者として名前が挙がっているMは、「女優」として活動しているようです。

一体、この女優Mとは誰なのでしょうか?

そこで、このMについて調べてみたものの、現在の時点では具体的な名前は挙げられていませんでした。

薬物の入手ルートは不倫相手ot暴力団?

現在のところ、沢尻容疑者が合成麻薬(MDMA)を入手したルートは不明です。

ただ、彼女は以前からMDMAの使用が疑われていたのです。

それは2011年の時。

当時の沢尻容疑は、元夫である高城 剛氏と離婚協議中でした。

しかし、彼女は離婚が成立していないにも拘わらず、”ある人物”と不倫関系にあったと報じられたのです。

それがスペイン人のセルジオ氏でした。

セルジオ氏との不倫疑惑がスクープされた彼女でしたが、さらに驚くべきは、この男性が”大麻の売人”だったことです。

この男性について「サイゾー」は次のように報じています。

バルセロナでは部屋に閉じこもっていることが多かったが、
彼の地の自称「大麻インストラクター」セルジオと知り合い、
再び薬物にはまっていった。

セルジオはエリカと寝るとき、
エクスタシーという合成麻薬の一種(※MDMAのこと)も使ったと証言している。

これを高城にぶつけると、
エリカ本人から聞いたと裏付けている。

※「J-CASTテレビウォッチ」より引用
(2012年5月31日配信)

もし、彼女が現在もセルジオ氏と関係を持っていたとすれば、彼経由でMDMAを入手していたことも考えられます。

しかし、逮捕時の報道を踏まえると、”別の入手ルート”も考えられます。

それが「暴力団」です。

実は、沢尻容疑者を逮捕したのは警視庁の「組織犯罪対策5課」なのです。

組織犯罪対策5課は暴力団の取り締まりを担当する課です。

そのため、この課が捜査に乗り出したということは、組織的犯行の可能性が浮上しているということを意味します。

スポンサードリンク

最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございます!