【渡辺直美いじめ】いいともディレクターは誰?名前は?

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、タレントの渡辺直美さんを取り上げます。

2021年3月19日放送の「金スマ」にて、”あるディレクター”からイジメられていたことを暴露され、世間の注目を集めています。

一体、彼女をイジメていたディレクターとは誰なのでしょうか?

渡辺直美が「いいとも」のディレクターからイジメ

渡辺さんをイジメていたディレクターについて「デイリー」は次のように報じています。

渡辺は2008年から10年までアシスタントの「いいとも少女隊」として活動していた。

「いいとも!」レギュラーだった中居は

「ここまで来るとは思ってないですよ。
ディレクターにいじめられてね」

とサラッと暴露。

思わぬ内角球に渡辺は苦笑いしながら

「それはちょっとね…」

と言葉を濁した。

スタジオがざわつく中、
カンニング竹山が

「まだ(そのディレクターは)いる?」

と問いかけると、
渡辺は

「まだいらっしゃって」

と当該ディレクターが現役であることを明かした。

さらに、

「この間すれ違って」

と再会したことも告白。

ディレクターのものまねをしながら

「『元気だったー。最高だねー』みたいな」

と超軽いノリだったことを明かし、
爆笑を誘っていた。

(2021年3月20日配信)

上記の通り、問題のディレクターは「笑っていいとも!」を担当していた人物だったのです。

このディレクターは現在も現場で指揮しており、現役とのこと。

一体、渡辺さんをイジメていたディレクターとは誰なのでしょうか?

世間の反応

直美さんからの告白ではなく
中居さんからの流れなんですね。

こんなの氷山の一角で数え切れないほどでしょうね。

それらをすべて乗り越えて芸人「渡辺直美」を確立した。

すごいわ、ほんと。

こういうディレクターの話よく聞くよな

デビュー当時はひどい扱いをされたが、
売れてきて数年ぶりに再会したら
手の平を返したかの対応される

下手したら「〇〇は俺が育てた」だの「俺が見いだした」だの言いだす

そういうディレクターって、
大概いじめてるつもりもなく、
いじめていた相手が売れたら売れたで、
手のひら返すような態度になるという業界の闇・・・

イジメの内容は何された?

問題のディレクターについて中居さんから水を向けられた渡辺さんですが、実は、過去の番組では彼女本人がこの話題に言及していたのです。

その際、イジメの内容も暴露していました。

例えば、
『いいとも少女隊』でコンビを組んでいたリンこと鈴木凜がボードを出すと

「リンちゃんかわいいね~」、

渡辺が出すと

「お前は引っ込んでろ!」

という態度だったことや、
スタッフが間違えたりすると、
ツバを飛ばすなどの悪態をついていたことを明かし、
中居らを驚かせていた。

※「https://www.daily.co.jp/gossip/2017/06/13/0010280059.shtml」より引用

渡辺さんによると、このディレクターは相手によって態度を変えており、人によって評価が全く異なるのです。

そのため、問題のディレクターを知っている中居さんですら、渡辺さんの暴露によって初めて”裏の顔”を知ったようです。

イジメ加害者のディレクターは誰?名前の特定は?

「いいとも」のディレクターを調べたところ、以下の名前が確認されました。

ディレクター:
(月曜日)木月洋介
(火曜日)中川将史
(水曜日)鈴木善貴
(木曜日)山田賢太郎
(金曜日)高橋正尚

※「https://ja.wikipedia.org/wiki/森田一義アワー_笑っていいとも!」より引用

上記の通り、「いいとも」のディレクターは”日替わり”だったのです。

さらに、上記のメンバーは最終回時点(2014年当時)のディレクターであるため、渡辺さんが出演していた時期とは異なっていると思われます。

渡辺さんをイジメていたディレクターについて情報をお持ちの方はコメント欄よりお知らせ下さい。

スポンサーリンク