【犯人+内容】木村花を誹謗中傷した人のアカウント↓

時事

こんにちは。坊主です。

2020年5月23日、プロレスラーの木村 花さんが死去されました。

生前、彼女はアンチによる誹謗中傷に悩まされており、この問題が死去後に大きく取り上げられています。

その影響を受けてか、木村さんを誹謗中傷していたアカウントが次々と削除されているのです。

一体、誹謗中傷を行っていた犯人(アカウント)はどんな人物なのでしょうか?

また、その内容とは、どんなものだったのでしょうか?

木村花を誹謗中傷した人↓犯人のアカウント+内容

木村さんを誹謗中傷していたアカウントは次々と削除され、全てを把握することは困難です。

しかし、それでも一部のアカウントは第三者によって”スクショ”されており、証拠が保全されていたのです。

確認された誹謗中傷アカウントがこちらです。

これらのアカウントは全て削除されており、現在では閲覧することが出来ません。

しかし、誹謗中傷の内容がスクショされていたことにより、彼らは言い逃れできない状況にあります。

ただ、「誹謗中傷」と「批判」の区別は非常に曖昧で、個人の主観に依るところが大きいと言えます。

そのため、何をもって誹謗中傷とするのかは、被害者側および警察が判断することになるでしょう。

もし、木村さんの家族が誹謗中傷アカウントを提訴することになれば、これらの書き込みの中から”悪質”なものを選定した上で裁判することになると思われます。

また、警察が捜査する場合でも、犯罪性が認められるものを中心に捜査するでしょう。

木村さんの場合、1日に100件以上の誹謗中傷が寄せられていたと言います。

そのため、全てのアカウントを犯人として立件することは現実的ではありません。

現実的には「悪質性が高いもの」に限定して訴訟や捜査が進められると思われます。

世間の反応

木村花のアンチ達ツイート消しまくってるね。

消すぐらいなら最初からしなきゃいいのに

テラハの木村花ちゃんのニュースをみて、
この世の中に対して思ったこと。

人間ってさ
ダメって言われると逆に反発したくなって
ついに行動しちゃうんだって。

いま、
芸能人とかがツイートして忠告したりするのはわかるんだけど、
なんだが威嚇してるみたいで
もっとアンチさん達が調子乗っちゃう気がする。

木村花さんに対する誹謗中傷を行った人達は、
アカウント削除して逃げだしているみたい。

ご家族は被害届を出すべき。

削除してもツイッターのサーバーにはログは残っているから、
そこから辿れば多くの犯人が探し出せるだろう。

アカウントを削除しても法的責任は免れない

木村さんを誹謗中傷していたアカウントは次々と削除されています。

しかし、アカウントを削除したとしても、犯罪行為も削除されるわけではありません。

現に木村さんを誹謗中傷していたアカウントのスクショが出回っており、犯人は言い逃れできない状況に立たされています。

また、スクショされなかったアカウントがあったとしても、警察の依頼があれば、Twitter社は自社の情報を開示せざるを得ません。

全ての情報が開示されれば、スクショから漏れたアカウントも特定されます。

そして、そのアカウントの投稿に「犯罪性がある」と認められれば、刑事事件として捜査の対象になります。

この問題について、ジャーナリストの小川泰平氏は次のように解説しています。

小川氏は

「いくらアカウントを削除しても、
どういう者が、どのような内容を書いたかは、
警察の捜査で裏付けされます

と、削除しても逃げきれないことを説明。

※「まいどなニュース」より引用
(2020年5月24日配信)

SNSによる誹謗中傷は深刻化しており、世間からは厳罰を求める声も上がっています。

次なる被害者を出さないためにも、木村さんの家族は、誹謗中傷した人に対して刑事・民事での法的責任を追及して欲しいところです。

スポンサーリンク