【現在:脳梗塞】李麗仙は認知症?若い頃の画像や長渕剛との関係

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、女優の李 麗仙(り れいせん)さんを取り上げます。

俳優・大鶴義丹さんの実の母親でもある彼女ですが、ここに来て闘病中であることが報じられ世間の注目を集めています。

一体、彼女はどんな病気と闘っているのでしょうか?

現在は脳梗塞で闘病中だった

李さんの現在について「サンケイスポーツ」は次のように報じています。

女優、李麗仙(77)が脳梗塞を患い、
闘病していることが18日、分かった。

複数の関係者の話を総合すると、
東京都内にある病院併設の施設に入所し、
治療・リハビリに励んでいる。

脳梗塞を患った時期や治療内容など詳細は不明だが、
2016年の映画「ホテルコパン」以降、出演作はなかった。

(2019年10月19日配信)

上記の通り、彼女は脳梗塞を患っていたのです。

ただ、現在の容態や闘病期間までは公表されていないため、李さんは人知れず闘病し復帰しようとしていたのかもしれません。

世間の反応

元々は舞台の方だから、
テレビの印象は少ないが、
金八での芝居はよく覚えているし、
大鶴さんとの事でも少し恥ずかしそうにしているそんな記憶。

脳梗塞で復帰というのも年齢を考えても難しい事だが、
まだまだ頑張れる歳でもある。

元気な姿を見せてほしい。

両親ともに病気なら、
離婚しているとはいえ二人とも親なのだから、
双方に時間ができたら会いに行っていると思います。

親としても子孫が元気に活躍している姿は嬉しいと思います。

母が脳梗塞を2回発症しています。

1回目は引っ越しの時

2回目は父の介護

ストレスが原因ではないかと感じます。

様子がおかしいとすぐに病院へ行ったので

後遺症もなく普通に過ごしています。

認知症も発症していた?

李さんの容態は明かされていませんが、ネット上では「認知症では?」という噂も囁かれていました。

しかし、現在までにそのような事実は確認されていません。

少なくとも2015年まではバラエティ番組にも出演しており、家族とも言葉を交わす様子もオンエアされています。

大鶴義丹の前で嫁姑が言い争いを始めると
義丹がどちらの味方につくかをドッキリで検証。

3人の食事を隠しカメラでチェック、
妻・泰子さんが愛犬のしつけに関する話を持ちかけると、
母・李麗仙は持論を展開
しかし義丹はうなずくだけで話に参加しようとしない。

泰子さんが義丹の方を向いて助けを求めると…。

※「私の何がイケないの?」より引用
(2015年2月2日放送)

もし、この時点で呂律が回らないなどの症状が現れていれば、視聴者が気付くはずです。

このことから、認知症の疑惑は誤りと判断していいでしょう。

長渕剛との関係は?

李さんの名前を検索すると「長渕 剛」さんの話題が散見されます。

一体、2人にどのような関係があるのでしょうか?

そこで、2人の接点を調べたところ、ドラマ「親子ジグザグ」(1987年)であることが判明したのです。

このドラマで李さんは長渕さんの”母親”を演じており、そのストーリーと演技力で世間の話題をさらったのです。

若い頃の画像あり

若い頃の画像がこちらです。

この写真は「状況劇団」に在籍していた時代に撮影されたのものです。

状況劇団とは?

元夫・唐 十郎が設立した劇団

スポンサードリンク

最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございます!