【理由=病気?】岩田絵里奈の手が包丁で震える↓動画は?

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、日テレの岩田 絵里奈アナウンサーを取り上げます。

2021年5月21日放送の「スッキリ」にて、岩田アナの手が震える様子が放送され世間の注目を集めています。

一体、手の震えは何が原因(理由)だったのでしょうか?

岩田 絵里奈アナが包丁で手が震える

岩田アナの手が震えていた件について、Twitter上では以下の声が上がっています。

上記の通り、彼女は包丁でキャベツを切る際に手が震えていたのです。

ネット上では岩田アナの包丁さばきを批判する声がある一方で、何かしらの病気を疑う声も上がっています。

一体、手が震えた理由は何だったのでしょうか?

世間の反応

岩田アナ震えすぎ…

料理が得意だなんてウソだろ。

岩田アナ震えすぎじゃないでしょうかゾッとしている顔

見てるこっちが怖くなりますゾッとしている顔

手が震える理由は病気?

包丁を握った手が震えた岩田アナに対して、ネット上では病気を疑う声が上がっています。

上記の通り、手が震える病気として「ジストニア」という病名が挙げられていました。

ジストニアとは、「遺伝子の突然変異」や「薬の副反応」として発症し、筋肉が意図せず収縮を繰り返す病気です。

そのため、本人の意思とは無関係に痙攣が起きるのです。

ただ、岩田アナがジストニアである可能性は限りなく低いでしょう。

もし彼女がジストニアであれば、以前から手の震えが話題になっていたはずです。

また、ジストニアによる痙攣は本人の意思で制御できるものではないため、人前に立つアナウンサーという仕事は継続できないでしょう。

以上のことから、岩田アナの手の震えはジストニアではないと思われます。

病気以外の可能性としては「極度の緊張」という声も確認されています。

これらの声を聞く限り、岩田アナが包丁でキャベツを切るシーンは”アドリブ”だったと思われます。

台本にないシーンを急きょ任されたため、彼女は極度の緊張状態に晒され、手が震えてしまったと思われます。

手が震える動画は?

問題となった手が震えるシーンですが、現在のところ、動画は確認できませんでした。

ただ、岩田アナの包丁さばきは以前から話題となっていたようです。

この画像は今回とは別の日に放送されたものですが、当時から包丁の使い方が話題となっていたのです。

スポンサーリンク