【病気で死去】林家こん平の自宅はどこ?娘:咲と確執も

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、落語家の林家こん平さんを取り上げます。

2020年12月21日、「こん平」さんの死去が報じられ世間の注目を集めています。

一体、死因は何だったのでしょうか?

林家こん平さんが病気で死去↓死因は誤嚥性肺炎

死去した「こん平」さんについて「スポーツ報知」は次のように報じています。

日テレ系「笑点」の解答者として知られる落語家の林家こん平(本名・笠井光男)さんが
17日午後2時2分、
誤嚥(ごえん)性肺炎のため死去したことが21日、分かった。

77歳。

関係者によると葬儀・告別式は19日に近親者で済ませた。

2005年7月に、
難病の「多発性硬化症(MS)」であることを公表。

一線からは退いたものの、
一門の落語会や落語家仲間による卓球サークル「らくご卓球クラブ」では元気な姿を見せていた。

最後まで再び高座に上がることを夢見ていたが、
その願いはかなわなかった。

(2020年12月21日配信)

上記の通り、死因は誤嚥性肺炎でした。

誤嚥性肺炎は、モノを飲み込む力が弱まっている高齢者に多い病気で、食べ物や唾液などが気道に入り込むことで発症する肺炎のことです。

世間の反応

この15年位、病との闘い、リハビリの日々だったですね。

心からご冥福をお祈りいたします。

記事にもあるようにご病気になってからも笑顔の絶やさないお方でしたね

ご冥福をお祈りします

たい平さんが心配です

たい平師匠があんなに立派に育ったから安心しているでしょうが、
たい平師匠の悲しみを想像すると胸が痛みます。

せめて歌丸師匠や先代の圓楽師匠と一緒に暖かく見守ってください。

自宅の場所(住所)はどこ?画像あり

「こん平」さんは自宅で死去されました。

一体、彼の自宅はどこにあるのでしょうか?

そこで、「こん平」さんの自宅について調べてみたものの、詳しい場所(住所)については一切明らかにされていないことが分かったのです。

補足

自宅は東京都内にあることだけ判明しています。

ただ、過去のテレビ番組に出演した際には自宅の様子が放送されていました。

自宅の画像がこちらです。

※「https://www.minkyo.or.jp/program/hakken_ningenryoku/hn001/」より引用

自宅では娘や孫たちと一緒にリハビリに励んでおり、そのお陰で卓球が出来るまでに回復したようです。

娘:咲とは確執があった

「こん平」さんは2005年に「多発性硬化症」を発症し、第一線から退くことになりました。

それ以来、娘(次女)が自宅で「こん平」さんを介護し続けていたのです。

次女の名前は咲(えみ)さんといい、一時期は父を恨んでいたと言います。

咲さんの画像は以下の動画よりご確認いただけます。

咲さんが父親を恨んでいた理由は、子供たちが幼い頃の「こん平」さんは家族を省みずに酒に溺れる日々を送っていたからです。

そのため、咲さんは父親を許せなかったと言います。

しかし、「こん平」さんが病気により要介護者となったことで、親子の関係は劇的に改善したとのこと。

また、咲さんは「こん平」さんの介護だけではなく、講演会にも積極的に出演し、父親とのエピソードを披露しています。

スポンサーリンク