【癌で死去】鈴木登紀子の自宅場所はどこ?住所は?

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、料理研究家の鈴木 登紀子さんを取り上げます。

「ばぁば」の愛称で親しまれている彼女ですが、ここに来て突然の死去が報じられ世間の注目を集めています。

一体、死因は何だったのでしょうか?

鈴木 登紀子が癌で死去

鈴木さんの死去については「NHK NEWS WEB」は次のように報じています。

NHKの番組「きょうの料理」に長年出演し、
和食の魅力を伝えた料理研究家の鈴木登紀子さんが12月28日、
肝細胞がんのため東京都内の自宅で亡くなりました。

96歳でした。

※「https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210108/k10012803801000.html」より引用

上記の通り、鈴木さんの死因は「肝細胞がん」でした。

鈴木さんは2014年に肝臓癌を公表しており、それ以来、現在に至るまで闘病していました。

世間の反応

ちょうど、この季節になると、
ばぁばのおせちの回とかエピソードを思い出しているところでした。

きっとあちらでも
夫婦仲睦まじく過ごされているのでしょうね。

最近までお料理を作られているお姿を拝見して元気をいただいていました。

我が家の黒豆は、
30年来NHKの「きょうの料理」の登紀子先生のレシピで失敗なしです。

登紀子先生のご冥福をお祈りします。

なんと……!

ご冥福をお祈りします、

お疲れ様でした(´;ω;`)

自宅の場所(住所)はどこ?

鈴木さんは都内の自宅で死去されました。

一体、自宅はどこにあるのでしょうか?

そこで、自宅について調べたところ、「武蔵野市 吉祥寺」にあることが分かりました。

現在でも武蔵野の名残のある吉祥寺の自宅で、
月の半分は料理教室を開催。

※「https://tkj.jp/book/?cd=12799201」より引用

実は、晩年の鈴木さんは次女の「安藤 久美子」さん共に吉祥寺の自宅で料理教室を開いていたのです。

そのため、自宅の場所が吉祥寺まで特定されているというわけです。

しかし、具体的な住所(番地)までは公開されていないため、自宅の詳細は不明となっています。

ただ、自宅の近くには公園があるようです。

吉祥寺の公園の緑が見える自宅でお教室をひらいております。

※「https://baabakumi.exblog.jp/」より引用

また、一説によると、自宅は吉祥寺駅(井の頭線)から徒歩5分圏内にあるとのこと。

吉祥寺駅付近にある公園がこちらです。

上記の通り、駅付近には複数の公園があるため、現在の情報だけでは自宅の特定は困難です。

以前の自宅は田園調布にあった

現在の自宅は吉祥寺にありますが、以前は「田園調布」にありました。

実は、旦那さんが死去したことをきっかけに、吉祥寺に移っていたのです。

2007年に夫の清佐さん(享年91)を自宅で看取ったのち、
東京・田園調布の自宅で5年間、ひとり暮らしをした。

※「https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/postseven/entertainment/postseven-556714」より引用

上記内容から察するに、吉祥寺の自宅に移ったのは2012年頃と思われます。

スポンサーリンク