【石原さとみ】結婚相手は誰?旦那の職業は社長?

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、女優の「石原さとみ」さんを取り上げます。

2020年10月1日、石原さんの結婚が報じられ世間の注目を集めています。

一体、結婚相手は誰なのでしょうか?

石原さとみが一般人と結婚へ

石原さんの結婚について「スポニチアネックス」は次のように報じています。

女優の石原さとみ(33)が結婚することが1日、分かった。

お相手は同い年の一般男性で、
関係者によると
この1年ほどの間で出会ったという。

(2020年10月1日配信)

上記の通り、結婚相手は一般人の男性でした。

過去には山下智久さんとの熱愛も報じられた彼女だけに、一般人との結婚に対して「意外」との声も上がっています。

ただ、石原さんは日本を代表するトップ女優であるため、”普通”の一般人ではないでしょう。

一体、結婚相手は誰なのでしょうか?

世間の反応

一般人って言っても、
それなりの人なんだろうなー!

でも、
とにかくおめでとうございます!!

おめでとうございます。

最近ビックリの理由が悲しい出来事が多かった中、
素敵なニュースでビックリするのって
こんなにも違うんだと何だかしみじみ感じました。

これからも応援してます、お幸せに。

学会の人なら
むしろ価値観や考え方が同じだからいいんじゃないですかね。

興味ないのに結婚後に妻から言われて学会に入らなきゃならない方が、
旦那さんも旦那さんの家族も困るじゃないですか。

学会の人か無関係かは今のとこわからないけど。

結婚相手は誰?職業は社長?

石原さんの結婚は一般人とのことですが、彼女と結婚できる程の男性であるため、普通の一般人ではありません。

恐らくは、社長起業家の可能性が高いでしょう。

また、もし会社員だとしても、勤務先は「ゴールドマンサックス」などの”超エリート”だと思われます。

結婚相手が社長もしくは超エリート会社員だとすれば、夫の年収は数千万レベルでしょう。

過去には同棲まで発展した前田裕二社長と交際していたものの、2019年中に破局していたようです。

つまり、結婚相手は前田社長の次に交際した男性ということになります。

ネット上では結婚相手として前田社長の名前が挙げられていますが、これは誤りです。

石原さんは結婚相手の男性と2019年中に出会っていますが、前田社長とは2018年の時点で既に面識がありました。

そのため、「結婚相手=前田裕二」説は誤りと言えます。

ただ、前田社長との破局後、石原さんには熱愛報道が確認されていません

このことから、結婚相手は週刊誌にスクープされたことがない人物だと思われます。

石原さんの結婚相手については新しい情報が入り次第、追記します。

結婚相手は会社員の男性

その後の報道により、結婚相手の職業が「会社員」であることが判明しました。

女優の石原さとみ(33)が1日、
結婚したことを所属事務所のホリプロが発表した。

発表によると
お相手は同年代の会社員男性で、
友人夫婦の紹介で出会った。

※「スポニチアネックス」より引用
(2020年10月1日配信)

ただ、先述した通り、石原さんと結婚できる程の人物が”普通”の会社員であるはずありません。

恐らくは、超一流企業に勤務するエリートサラリーマンであることは間違いないでしょう。

しかし、社長や起業家と違って、サラリーマンという立場上、素性(名前・顔写真・勤務先)の特定は困難だと思われます。

前田裕二社長との破局理由とは?

一時期は同棲まで発展した石原さんと前田社長ですが、2019年中に破局しました。

一体なぜ、2人は破局することになったのでしょうか?

そこで、破局の理由について調べたところ、石原さんの「問い詰め」であることが報じられていたのです。

「石原さんは、相手の気持ちがかなり気になるタイプ。

山下智久さんと交際していた時もそうでしたが、
浮かない顔をしているのを見ると

『どうしたのかな?』

と思うだけでなく

『私、悪いことした?』

『私のこと、嫌いになった?』

と言葉にするのです。

真剣に結婚を考えていた前田さんに対してはそれが顕著で

『どうしたの?』

『どこへ行くの?』

『何が不満なの?』

とかなり問い詰めていたようでした。

“彼女と恋愛はできても、
結婚してずっと生活していくのは厳しい

と前田さんが思ってしまった。

結婚できないのなら、
と石原さんも別れを選んだようです」

※「https://www.news-postseven.com/archives/20190710_1409049.html/2」より引用

上記の通り、石原さんは前田社長との結婚を”真剣”に考えていました。

だからこそ、事あるごとに彼を問い詰めてしまったようです。

スポンサーリンク